ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

2017-03-09から1日間の記事一覧

たむらあやこ『ふんばれ がんばれ ギランバレー』

ハートネットTVでたむらあやこさんのはなしをきいた。『ふんばれ がんばれ ギランバレー』の作者 マンガも読んだ。壮絶だった。痛み、動かない、たてない、歩けない。僕なら自殺しただろうなと思うほど。 神様がいないことが証明されている。 めちゃめちゃ…

『働く15人の女性の体験談』

女性ユニオン東京が、『働く15人の女性の体験談』をまとめました。ユニオンを通じて戦った15人の記録です。100円で手に入れられます。おすすめです。

DV問題での米国のワンストップセンター

「第19回 全国シェルターシンポシウム2016in大分」で話されたケーシーさんの講演がネットで見れます。DVに関心がある人は見る価値があります。 私は、以下のようにメモを作りました。 講演はWANサイトでみれます。下記URLまたは、WAN基金のコーナーから ht…

右翼幼稚園経営者が今度は右翼小学校 その用地買収問題――その13

この問題、しつこくメディア情報を集めて書いておくのは、深く考えたことを書いているのではなく、とりあえず「こんな愚かなことが起こっていて、こういう風に推移して、こういうふうにおわる」という今の社会の在り方を映すものになると思うので、まずはメ…

酷い企業 「アクセスチケット」

「アクセスチケット」という金券ショップの自動販売機で新幹線チケットを買ったら、間違ってボタンを押したようで、違うチケットが出てきた。岡山行き新幹線のところの上と下にボタンがあって、紛らわしくて間違った方を押したんだとおもう。 で、いままちが…

主流秩序・ジェンダー秩序への向かい方は多様—-でも私は権利のためには闘うことが必要と思う

以下、紹介するのは、朝日新聞でジェンダーの問題を扱う工夫をしているという話。 私は、多様なアプローチでいいと思うので、これもいいと思う。で、そういう中で「闘う」ということが必要な時もあるとわかっていく人が増えてほしい。だから以下の様な「女の…

主流秩序に加担する本 と 「社会運動の一面性」

『沖縄の不都合な真実』という本がある。基地反対運動をうっとおしいと思う人に受けるように、著者たちは中立とか、経済の観点と言って、事実上、自分を売るために「ある立場」を選択して書いている。 主流秩序が見えないから、自分は公平と思うバカの典型。…

法律に携わっている人の感覚

最高裁元判事の以下の記事がある。 山浦・元最高裁判事は、ましな方だし、こういう人が増えてほしいと思う。 同時に、そのあまりの悠長な、深く今の司法の状況、政治の状況を考えないでその枠で留まっている人の限界を強く感じる。この程度で生きているんだ…