ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

2017-06-22から1日間の記事一覧

密室の暴力の実態 ―――豊田真由子衆院議員が教えるもの

DV問題に対して、「男女の痴話げんか、よくあることでたいしたことじゃない」というような意見がある。ある人がDV加害者と聞いても「あの人はそんなふうな人とは思えない。被害者が大げさに言ってるんじゃないか。」というような反応もある。男性が被害…

安倍支持者だから、強姦事件の犯人を不起訴にしたのか?――その7 

官邸のスポークスマン、安倍首相の支援者ということで、山口敬之氏によるレイプを不起訴にした問題。 山口敬之準強姦捜査潰しに新事実! 逮捕を止めた警察官僚は『報ステ』古賀茂明に圧力メールを送った菅の秘書官と同一人物 http://lite-ra.com/2017/06/pos…

権力者に批判の目を向けることのできない日本のお笑い芸人、歌手など という問題—-主流秩序論

日高光啓「皆で予定調和の無味無臭な平均点を作る事と「エンターテイメント」は真逆でしょう本来」 主流秩序論の観点からは、権力者に批判の目を向けることのできない日本のお笑い芸人というのは、大勢としては当然の実態。松本が反発したリがあった。倉本 …

森友問題・加計学園問題(54)―――第3者の調査をすべき

いじめ問題で加害者たちに少し《いじめたか?》と聞いても「いじめてない」と答えることが多いでしょう。少なくともいじめグループの一人BくんやA君の親たちが、他のメンバーに聞いて「いじめはしてないとA君やC君は言っている」といっても其れで調査終…

森友問題・加計学園問題(53)――主流秩序に抗する動きをした記者

この森友・加計学園で、よかったことのひとつが、記者会見で羊のようにおとなしくて政権の言いなりで、まともな質問をしない「くそ蠅記者」(辺見庸)ばかりだったのが、ようやく根性ある記者がでてきて頑張ったシーンがあったことである。 主流秩序に抗する…

森友問題・加計学園問題(52)――加計孝太郎氏、自民党岡山県支部の代表者だった。単なる友達じゃない。

以下に示すように、加計学園問題は、自民党員に便宜を図るというずぶずぶの利害関係者優遇でした。補助金を受けている学校で、中立でないといけないのに自民党事務所にしていた。 底に利益誘導した萩生田。その後ろに安倍首相。少なくとも、加計学園の獣医学…