ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

安倍の御用記者NHK岩田氏に変化?―――安倍との関係が悪化

NHKの岩田解説委員はあからさまな安倍擁護 記者で何度も批判してきた人物だが、 今、安倍首相と関係が悪化しているようで、安倍を批判する記事を初めて書いた。 内実は、アッキーの秘書だった谷査恵子さんに対する対応について岩田氏が苦言を口にしたら、安…

石平氏が望月記者に的はずれな批判をしている

産経新聞が、自分が好む「石平氏から望月記者への批判」にかこつけて、新潟知事を批判しているがお門違いだ。 そもそも、日本政府と戦うということをちゃんとやっている望月記者のことを批判しなくてもいいのに、「意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけ…

弁当記録のおぞましさ―――「ウチの夫は仕事ができない」の妻をいいと思う人、思わない人

弁当記録のおぞましさ―――「ウチの夫は仕事ができない」の妻をいいと思う人、思わない人 「ウチの夫は仕事ができない」の妻が専業主婦で自立していなくて自己主張をちゃんとしなくて、へらへらしていて、でも夫に尽くして優しくて尽くしてかわいい女性として…

愛情の強さ

「そして、その不安の強さを、愛情の強さだと勘違いしていたのだと、今振り返って思う。」 と自己分析した人がいて、なかなかすごいなと思った。 いいレポートがかなりたくさんあった。 また掲載許可の出たものを集めて、学生本として紹介していきます。

異常なほどの動物虐待 ――こんなひどい人を野放しにするのは確かにおかしい

以下のように、猫にひどい虐待をした人に実刑を求める滑動をしている人がいます。 アニマルライツを考えたら当然の動きだと思います。 あまりに動物の苦しみを軽く見ています。 はやく世界の意識がすすめばいいなと思います。 まずは自分からですが。 ねこ虐…

宇野常寛さん、右翼の圧力で降板

アパホテルが歴史をゆがめる轢死修正主義であることは事実です。 それをちゃんと言った宇野さんはまともです。こういうことで降板させるのがおかしいですが、それが「マスメディアは主流秩序の一端を担っている」ということです。 宇野さんはこれを公表して…

「別れの教育」が必要―――DVしていた高1男子が元交際相手の女子とその恋人を刺して殺人と殺人未遂

またデートDVカップルが別れ話でもめて殺人事件にまで至る事件が起こった。 2017年9月、埼玉県草加市で、高校1年の男子生徒(15)が、元交際相手の女子高校生(16)とその恋人男性・ 西山康介さん(16)を刺したため、殺人と殺人未遂の疑いで逮捕され…

民進党、社民党、共産党

私の家の前には民進党と社民党のポスターが貼ってある。 社民党のポスターにはいいことが書いてある。 なぜこんなまともな主張の政党が大きくならないのかと思う。 その代わりに、不祥事議員続出の自民党を支持したり、内容のない、維新とか都民ファーストと…

そっと相手にしないで、おだやかに話す程度でやり過ごすしかない  ――北朝鮮問題

めずらしくホリエモン、テリー伊藤が正しい 私と意見が異なることが多いホリエモンだが、ミサイルアラートについては、まともなことを言っている側面がある。 北朝鮮からミサイルが発射されたと、政府が全国瞬時警報システム(Jアラート)で速報した。その後も…

大林宣彦 最後の作品「花筐」(はなかたみ)

大林宣彦が2016年夏前、肺ガンで余命半年と言われて作った映画――43作目「花筐」(はなかたみ)――が完成し、今年の冬に公開されるという。 その制作の1年を追った作品を見た。 ETV特集「青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言」 日本が戦争…

白石 加代子の話

「ひよっこ」で昨日と今日は白石演じる下宿屋の主人の、愛する人との過去の話とその彼がなくなったという話。 区分けした世間の言葉では表現できない、他とは違う唯一無二のその関係。 他人が「愛人」とよぼうと。 自分としての納得と満足と幸福。 それしか…

「牛乳石鹸」広告の何が問題かーー 問題とわからない人が怒っている。牛乳石鹸共進社が人権に鈍感であることがまたも示される

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 「牛乳石鹸 WEBムービー『与えるもの』篇」というのがあって、見たがひどい内容だった。 だから今一部で批判が出ているが、 それに対して反批判も多い。「別にいいじゃないか、いいCMだ」として、このCMに文句を言ううるさい女たちがおかし…

主流秩序のみなおしのひとつ 米国女性誌編集長 「もうアンチエイジングという言葉を使わない」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 米国女性誌編集長が 「若さが美しいという考えを見直すべきなので、もうアンチエイジングという言葉を使わない」ということを宣言した。 これは美の秩序、若さ秩序、ジェンダー秩序を見直そうという動きの一つ。 しかし主流秩序を疑わない人は、そ…

戦争拒否宣言のウーマン村本、田原総一朗氏に反論

村本の言うことに賛成。 戦争拒否宣言のウーマン村本、田原総一朗氏に反論 日刊スポーツ 20170817 http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E6%88%A6%E4%BA%89%E6%8B%92%E5%90%A6%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83…

「インスタ映え」と「陰キャ」の時代  

学生さんのレポートを読んでいて忙しいのでひとことだけ。 この数年、主流秩序、スクールカーストなどにからんで「陰キャ」にふれる学生が多く、この言葉が広がっていることを実感する。80年代?の「ネクラ」に近い。簡単に人をそのような程度で切り捨てる。…

米軍が最も恐れた男――瀬長亀次郎

映画「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」が沖縄でヒットしてるらしい。 瀬永亀次郎の半生を描いているという。 この映画の監督が元「ニュース23」のキャスターの佐古忠彦さん。この人もちろん、良くテレビで見ていた。この人がこんな活動をしている…

戦争の実像と、つくられたイメージ

敗戦・終戦記念日がらみでNHKでいくつかのドキュメントをしていた。 奈良の鈴木さんも出ていた。樺太では戦後も戦わされた。あのインパール作戦のひどさもさらに明らかにされた。 どこでも軍、将校は庶民を守らず犠牲にした。病気や飢餓で死ぬのはほとんどが…

「高慢と偏見」

「高慢と偏見」 「100分de名著」でみたが、「高慢と偏見」が面白い話とは思えなかった。 『高慢と偏見』(Pride and Prejudice)は、ジェーン・オースティンの長編小説。 紹介 18世紀末から19世紀初頭のイギリスの片田舎を舞台として、女性の結婚事情と、…

誰が〈表現の自由〉を殺すのか:ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件と裁判判決から考える

誰が〈表現の自由〉を殺すのか:ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件と裁判判決から考える ーーー(転送・拡散お願いします!)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 9/9(土)誰が〈表現の自由〉を殺すのか:ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件と…

「月曜日の朝、スカートを切られた」という曲

「欅坂46」の「月曜日の朝、スカートを切られた」という曲がひどいという署名があります。 「秋元康の悪徳商売反対」ということには賛成なのですが、実際にこの曲を聞くと、必ずしもこの犯罪を軽視・容認していたり、拡大させたりするものではないように思…

涙は出ないけれど

苦しい人が言っていた。 涙は出ないけど、こころは泣きじゃくっている。 いやがらせにあってる気がするので、外に出られない。 生きがいがない。 *** 手術する子供。何度も何度も。 がんばれ。 かげで思う 神様、もう、あとはいいことだらけにしてやれよ…

日食なつこ

日食なつこ 水流のロック http://www.bing.com/videos/search?q=%e6%97%a5%e9%a3%9f%e3%81%aa%e3%81%a4%e3%81 ヒユーマン %93&view=detail&mid=E4F0D69BDEB145162A53E4F0D69BDEB145162A53&FORM=VIRE ∞∞∞∞∞∞

事前協議の録音・資料が発覚:森友・加計学園問題は終わりでなく、真実解明の可能性。隠蔽などありえない。

●決定的な証拠が出ているのに、幕引きは許されない。 森友学園問題で以下の記事を書いた。 2017-08-01 森友問題:財務省側が1億3千万円にしたいといっている録音が公開された http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2017/08/01/163614 その追加と整理。 ●…

NHK番組改ざん事件(2001年)からふりかえる企画

以下の企画いいと思います。安倍こそがこの改ざんに介入したものです。 今だから問う 日本のメディアと 「慰安婦」問題 〜NHK番組改ざん事件(2001年)から現在まで〜 16年前の2001年1月に放映されたNHK番組「問われる戦時性暴力」。その前年2000年12月に開…

映画『サーミの血』

映画『サーミの血』(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク 2016年)を見た。なかなかよかった。A評価。 北欧の北、ラップランド地方でトナカイとともに暮らす先住民サーミ人は、長らく差別されてきた。1930年代のスウェーデンで、サーミ人は差別されてい…

佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動

佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動というのがあります。 これはぜひ広めたらいいですね。1万人と言わずに100万人ぐらいにしたいものです。 http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html 2017年7月31日 (月) 佐川国税庁…

「慰安婦」問題から日本社会を見てみよう

集会案内 ********転送歓迎********* ★平和のための京都の戦争展ハーグの会文化企画 「慰安婦」問題から日本社会を見てみよう★ ●おはなし 方清子さん ●2017年8月6日(日)14:00~16:00(開場13:45) ●立命館大学国際平和ミュージアム2…

「ひよっこ」交錯する3つどもえの想い

脚本の 岡田惠和がいいバランスで人間を描いていると何度も書いてきたが、今回も、なかなかだった。 谷田部みね子(有村)の母・美代子(木村佳乃)が、行方不明だった父・実(沢村一樹)とくらしてきた女優 川本世津子(菅野美穂)にお礼を言いつつも、途中…

『主流秩序と労働―――高賃金、安定の正社員、結婚を目指すような労働運動ではなく』

労働についてまとめたものを電子書籍としてアップしました。 『主流秩序と労働―――高賃金、安定の正社員、結婚を目指すような労働運動ではなく』( 2017年8月発行、電子書籍kindle版、アマゾンで購入可能) アマゾンで検索すれば見つけられると思います。…

稲田朋美 とんでもない人物だった。安倍政権の象徴  その3

その1、その2のつづき イナダの暴言・極右発言 ●「国民の一人ひとり、みなさん方一人ひとりが、自分の国は自分で守る。そして自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならないのです!」(講演会での発言) ●「靖国神社というのは不戦の誓いをす…