ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「キング牧師 vs. マルコムX」

 

NHKBS

BS世界のドキュメンタリー

キング牧師 vs. マルコムX

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=150609  

 

 

2014年の作品で、期待してみました。まあまあの作品でした。

 

従来、キング牧師公民権運動を肯定的に描くものがりました。其れとは独立にマルコムXをそれなりに肯定的に描くというものはありますが、真正面から二人を対比して扱うという意図の作品です。

前提としての黒人の置かれた状況や運動自体の魅力の知識や感覚がある人はいいのですが、ない人には伝わりにくいだろうなと思いました。

 

ともあれ、改めてこのように対しさせたときに、

キング牧師は政治家であり、妥協してでも現実的に成果を獲得することができた稀有な人物でした。しかもその基礎にはしっかりと熱いものを持っていたと思います。

対して、マルコムXは、巨大な相手(キング牧師)を批判することでのし上がる面があったし、単純に言い過ぎて大事な運動の足を引っ張る面があるし、非暴力主義の積極性を認めていない問題があるとわかりますが、

にもかかわらず、全体として米国の黒人解放運動の大事な精神を体現していたと思います。

 

其れは今、主流秩序を言う私にとって、共感する所が以前よりも多くなっていました。

キング牧師の方が成熟し解決に向かう提起をしたレベルの高い総合点が高い人ということを認めたうえでもなお、

マルコムXの欺瞞を打つ激烈な思いに、多くの黒人が共感を示した、大事な点をしっかりと言語化していた意義があったと思いました。

特に今主流秩序に絡め取られているときに、マルコムX的な感性は大事と思います。

 

マルコムXは、あのワシントン大行進をけちょんけちょんに攻撃していました。其れは、予定調和で融和主義で、闘う主体を骨抜きにする、スペクタクル化されているという批判です。

その面も少しはあったし、そういうことで得られるものもあったかと思います。

 

キング牧師にとってはうっとおし存在でしょうが。

そして現実の過酷さが二人を近づけた面があり、実は双方が認め合う面もあったということでしょう。其れは支援者が、両方を応援する場合があるということで分かります。

この番組の最後にその点を示していた点で意義があったと思います。