読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「砂川判決」根拠は強弁

いい加減な判決で、しかもたくさんある判決の一つでしかないもの、しかもその一部を恣意的に使うなど、笑止千万です。

 

 

「砂川判決」根拠は強弁=安保法案撤回求める―弁護団

時事通信 6月12日(金)19時53分配信

 

 安全保障関連法案をめぐる議論で、自民党高村正彦副総裁らが集団的自衛権の行使を認める根拠として、1959年の砂川事件最高裁判決を持ち出していることについて、元被告の弁護団が12日、東京都内で記者会見し、「国民を惑わすだけの強弁だ」と批判する声明を出した。

 

 弁護団は、高村氏が同様の主張をした昨年も声明を出した。今回は「最高裁判決は、米軍駐留は憲法9条に違反するかといった点について示しただけで、集団的自衛権の在り方や行使に触れるところは全くない」と指摘。

 

「一刻も早く提案している法案を撤回すべきだ」と求めた。

 会見した新井章弁護士(84)は「高村氏がなぜ最高裁判決にこだわるのか分からない。法案の正当性に自信がないから、寄りすがるのか」と推測。

 

山本博弁護士(84)は「学者に違憲だと言われて判決を引っ張り出してきたが、最高裁集団的自衛権について何も言っていない」と強調した。

 内藤功弁護士(84)は、当時の田中耕太郎最高裁長官が米側に最高裁判決の内容の見通しなどを伝えていたことが米公文書で明らかになったとして「不当な判決で、引用すること自体が適切でない」と批判した。