読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

映画「ヘイトスピーチ」劇場公開

 

 大阪芸術大学河南町)芸術学部映像学科の学生2人が、ヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)を題材にしたドキュメンタリー映画「ヘイトスピーチ」を卒業制作した。同世代の若者が、この問題を考えるきっかけになればと願っている。

 

 制作したのは、岩手県宮古市出身の佐々木航弥さん(22)と、愛媛県西条市出身の平木篤さん(22)。

 

 佐々木さんは昨年3月、テレビ番組で目にし、ヘイトスピーチの存在を初めて知った。「なぜ、知らなかったんだろう」。ショックだった。友人の平木さんに提案して卒業制作の題材に決め、関連本を集めて読みこんだ。

 

この映画が6月20日からシアターセブンで上映される。