読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

やる気や考える力

 

 

心理学的なテクニックが、主流秩序での成功に使われるということがあります。

軍隊でのメンタルヘルスもそうです。

 

最近、新聞の折り込みチラシで、塾の宣伝があり、

2つの塾で、そのようなことが見受けられました。

 

ひとつは「社会が求めらているのは、自考力→追求力」「自考力の時代!教える教育は終わった」

というものです。自考力も追求力も大事だし、しかもそのチラシには「日本の教育を破棄した元凶は、中学受験塾のゆがんだエリート主義と詰め込み教育」などと書いてあります。

もっともじゃないですか。

 

もう一つの塾のチラシには、「やる気を引き出す! やる気で学べるから大きく伸びる」

「できるようになる姿を想像させる」『自信を積み重ね、やる気を大きく育てる』「やる気スイッチ先生がまっている」などとあります。

やる気を引き出すというテクニックが受験につかわれています。

 

何のための勉強か、どういう力をつけるか、それが本当に社会問題の構造を知る力とか、主流秩序に囚われない道に至るのか、主流秩序への適応能力を高めることになるのか、そこが肝心です。

 

広告を非表示にする