読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

百田暴言「軍隊を持っていない国はたった26カ国」

 

軍隊を持たないナウルバヌアツ、ツバルなどの国を名指しして「くそ貧乏長屋。とるものも何もない」と罵倒しました。

百田さん、本性むき出しで語るに落ちたという状態ですが、それをNHK委員にし、自民党勉強会で傾聴し、特攻隊賛美の作品をありがたがっているから問題なのです。

政治かは議員をやめないと責任をとったことになりませぬ。

なお、前田朗『軍隊のない国家――27の国々と人びと』をだしていたのですね。

 

*********

以下関連情報

  • 前田さんのブログ

Tuesday, June 30, 2015

「軍隊を持っていない国はたった26カ国」百田発言余話

6月27日に開催された自民党の「文化芸術懇話会」という非文化的会合で、露骨な沖縄差別とメディア弾圧を呼びかけて問題となった百田尚樹は、その後も知性崩壊を実証する暴言を続けているが、報道によると、27日の会合で他にも多くの問題発言を繰り返していたという。反知性主義者たちの集まりに百田のようなデマ垂れ流し屋が呼ばれて無責任発言をしているのは驚くほどのことではない。

 

朝日新聞』7月1日朝刊の「ナウルなどを『くそ貧乏長屋』」という記事によると、百田は、軍隊を持たないナウルバヌアツ、ツバルなどを「くそ貧乏長屋、とるものも何もない」などと述べていたと言う。「軍隊は防犯用の鍵だ。軍隊を持っていない国はたった26カ国」「南太平洋の小さな島。ナウルとかバヌアツ、ツバルなんか、もう沈みそう。家で例えればくそ貧乏長屋。とるものも何もない」と。

 

コメント第1。小国とはいえ主権国家に対する差別的発言をして、何が楽しいのかよくわからない。下品な百田の愚劣さが明瞭になっただけだが、自民党議員たちは「ためになる話だ」と感激していたらしい。

 

コメント第2。「軍隊を持っていない国はたった26カ国」の「たった」とはどういう意味だろうか。以前、日本の憲法学者平和運動家たちは「世界で唯一の非武装国・日本」と嘘を並べていた。

その後、コスタリカについての知識が普及して、「コスタリカと日本」と言うようになった。ところが、百田が言う通り26カ国もあるのなら、一気に26倍(又は13倍)に増えたことになる。国連加盟国193カ国を基に計算しても14%もの国に軍隊がないことになる。「26カ国もの国に軍隊がない」のだ。

 

コメント第3。百田はどこから26カ国という数字を出したのだろうか。私は2005年から2008年にかけて、スイスの平和運動家クリストフ・バルビーの教示に従って、軍隊のない国家27カ国を訪問し、その記録を出版した。とても素敵な旅だった。

前田朗『軍隊のない国家――27の国々と人びと』(日本評論社、2008年)。

http://www.nippyo.co.jp/book/3302.html

 

それ以前、日本ではこうした情報は知られていなかったし、その後、この件での調査や研究論文は出ていないと思うので、たぶん、私が紹介した情報がどこかを流れて百田の貧弱きわまりない脳細胞の片隅に漂着したのだろう。

 

 

Posted by 前田朗 at 5:23 PM

 

参考

  • ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言

朝日新聞デジタル 6月30日(火)22時36分配信

 

 自民党の勉強会「文化芸術懇話会」で、作家の百田尚樹氏が軍隊を持たないナウルバヌアツ、ツバルなどを名指しして「くそ貧乏長屋。とるものも何もない」などと述べていたことが、複数の出席者への取材で分かった。  出席者によると、百田氏は過去にも同様の発言をしたとの経緯の中で述べた。

「軍隊は防犯用の鍵だ。軍隊を持っていない国はたった26カ国」と語り、防衛力の必要性を強調。その上で「南太平洋の小さな島。ナウルとかバヌアツとか。ツバルなんか、もう沈みそう。家で例えればくそ貧乏長屋。とるものも何もない」

アイスランドは年中、氷。資源もない。そんな国、誰がとるか」

などと発言した。参加議員からは笑いが起きた。

 勉強会には加藤勝信官房副長官が出席。加藤氏は衆院特別委員会で「(百田氏の)講演が終わったところで退出した」と述べており、30日の朝日新聞の取材にも講演部分は最後まで出席していたと認めた。

朝日新聞社

 

百田尚樹のトンデモツイート集

http://matome.naver.jp/odai/2138403790714522501

表現の自由を巡る自民党と百田尚樹氏周辺の倒錯、大西議員のさらなる ...

bylines.news.yahoo.co.jp/.../20150630-00047120/ - キャッシュ

 

自民・大西議員に「つける薬なし」 マスコミ圧力発言で2度目の厳重注意

夕刊フジ 7月1日(水)16時56分配信

 

 マスコミへの圧力発言問題で、自民党執行部に厳重注意処分を受けた大西英男衆院議員(68)が、2度目の厳重注意を受ける醜態をさらした。党内からは「もはや、つける薬がない」(党幹部)とあきれ果てる声も出ている。

 「問題があったと思えない」「事実無根の報道をする一部メディアを懲らしめないといけない」  大西氏は6月30日、国会内で記者団にこうまくし立てた。声が聞こえる範囲には民主党議員もいたといい、自民党参院若手は「野党が聞いている場所でベラベラと…。(国民を守る安全保障関連法案が重要なときに)そんなに攻撃材料を提供したいのか」と怒りを隠さない。

 

 実際、大西氏の発言の直後、民主党枝野幸男幹事長は緊急のぶら下がり会見を開き、「大変情けない事態だ」と、ここぞとばかりに攻撃した。  大西氏は、東京16区(江戸川区など)選出で、当選2回。今後も火に油を注ぎ続けるのか。

最終更新:7月1日(水)16時56分

 

  • 「マスコミに圧力、ダメと言った」 百田氏、批判に反論

2015年6月27日21時34分

 

 作家の百田尚樹氏は27日、自らのツイッターに「左翼系マスコミは口を揃えて、『百田尚樹の発言は言論弾圧だ!』と叫ぶが、私が同じ懇話会で、『マスコミに圧力をかけるのはダメ』と発言したことは、まったく報道しない」と書き込んだ。百田氏は同日、取材に対し、「議員が『マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番』と言った時、僕はその場で『それやったらダメです』とはっきり言いました」と答えた。

 

 百田氏は同日、「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞毎日新聞東京新聞です」ともツイートした。これについては「僕なりのギャグです。ギャーギャー悪口書かれてきらいやから」。

 

 その上で「メディアが潰れるというのは、僕のなかでそのメディアが発する文章が多くの人の心をつかめなくなるときだと思う。潰せ、というのは人気がなくなって欲しいということ。決して物理的な力や公権力をもって潰す意味ではなく、それは絶対にやってはいけない」と話した。

 

 百田氏は自民党若手議員らの勉強会で「沖縄の二つの新聞社は絶対につぶさなあかん」と話していた。