ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

ユネスコ世界遺産登録問題

 

ユネスコ世界遺産委員会は「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録することを決定した。

この問題でも日本の政府及び報道の偏りは、ナショナリズム的になっていておかしかった。

 

韓国は世界遺産登録に反対しているのではなく、そこに強制労働があったという歴史(戦時中、産業革命遺産の23施設のうち7施設に朝鮮半島出身者約5万8000人が意に反して送られ、働かされた)を示すことを求めていた。事実なのだから韓国の主張を入れて登録すればいいだけのこと。それを右翼政権(安倍政権)が嫌がって事実を書くことを嫌がるからもめた。

おろかしい。

 

報道でも、韓国側の主張を適切に伝えずに、まるで嫌がらせをしているかのように言って国民の感情対立をあおってしまっていた。

 

以下のような双方のユネスコでの発言こそちゃんと伝えるべきであるが、そこが欠けているのがおかしい。こうした事実を踏まえればいいのだ。

 

毎日新聞はかろうじて以下のように伝えている。

世界遺産委員会の審議での日韓の発言要旨

 <日本側>

 一、日本は1940年代に多くの朝鮮人や他の人々が自らの意思に反して幾つかの産業革命遺産に連れてこられ、厳しい環境下で労働を強いられたことへの理解を促進させる措置を準備している

 一、第二次大戦中、日本政府は徴用政策も敷いていた

 一、情報センターの設置など犠牲者の記憶をとどめる目的で、適切な措置を取る用意がある

 <韓国側>

 一、韓国政府は日本の声明を真摯(しんし)に受けとめ全会一致の決定に加わる

 一、決定は世界遺産の精神に沿い、共に協議してきたから可能となった

 一、日本が誠実に全ての措置を履行することを期待する

 

この程度のことに至らないように、日本は強制労働という言葉を嫌がったからおかしくなっていた。「意思に反して連れてこられ、働かされた」と日本がようやく言ったのだから、本当にばかだ。最初からすぐに言っておけばいいだけのこと。

 

日本は早急に誠実に、犠牲者の記憶をとどめる情報センターの設置を行うべきだ。これをしなかったらうそつきになる。

 

日本は「1850年代から1910年までが遺産の対象年代で、時代が異なる」という姑息なことを言って抵抗していたのだから愚かしい。みぐるしい言い訳の典型である。

 

1945年の秋田県花岡事件で、強制労働させられていた中国人がその待遇のひどさに怒り蜂起した事件だが、これに対して地元では鎮圧されて多くの中国人が亡くなった(注)ことを現在も地元で慰霊している。こうした事実に向き合う姿勢こそが友好関係を深めることは明らかだ。

 

注)800人が蜂起したが、憲兵、警察、警防団などによって鎮圧され、その際に多くが殺されたり拷問などを受け、総計419人が死亡した。その後もひどい状況の中で、7月に100人、8月に49人、9月に68人、10月に51人が死亡したという。