ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

安倍政治を許さない

 

 

原発事故の後のときの反原発運動の盛り上がりと同じように、安保法案への反発、安倍政権への反発がかなり大きくなってきましたね。安倍政権を支持しない人が51%になりました。いいことです。

 

フジ・読売テレビやバラエティ番組のディレクターなどなどあまりこれを安倍政権に批判的にはとりあげないテレビもありますが、報道系の番組ではおおむねこの法案のあまりのひどさ、あいまいさ、そして安倍政権の強硬ぶりを問題にしています。

それでも集会にいったりしているのは国民のほんの一握りです。

それでもそれでも、国民の1,2、3パーセントでも動けばすごいことです。

 

それは流れを作ります。その背景には動けはしないけれど、賛同する人が3-4割続き、そして体制に流される人がそのあとに続くでしょう。どっちにも転ぶ人が多いですが、政治はそれで動きます。

 

根本的には、一時的なものに流されない、1人1人の質が大事ですが、まずは旧来型であっても古い政治であっても、空気による多数派の勝負が必要な時があります。

いま、安倍政権を追い詰めることができるのは意義あることです。

 

家の玄関にはってみました。

f:id:hiroponkun:20150719080210j:plain

 

 

毎日新聞世論調査:内閣支持、急落35% 不支持51% 安保強行採決「問題」68%

毎日新聞 2015年07月19日 東京朝刊

 

 

 毎日新聞は17、18両日、安全保障関連法案の衆院通過を受けて緊急の全国世論調査を実施した。

安倍内閣の支持率は今月4、5両日の前回調査より7ポイント減の35%で、第2次安倍内閣発足後で最低となった。不支持率は前回より8ポイント増の51%と初めて半数に達した

 

与党が15日の衆院平和安全法制特別委員会で安保法案を強行採決したことについては「問題だ」との回答が68%で、「問題ではない」の24%を大きく上回った。安保法案への世論の批判は強まっており、政府・与党の一連の対応が内閣支持率を押し下げたとみられる。

 

 集団的自衛権の行使などを可能にする安保法案に「反対」は62%(前回比4ポイント増)、「賛成」は27%(同2ポイント減)で、前回より賛否の差が広がった。法案成立によって日本に対する武力攻撃への「抑止力が高まる」は28%にとどまり、自衛隊の海外での活動拡大で「戦争に巻き込まれる恐れが強まる」が64%に上った。

 

「戦争に巻き込まれる」と答えた層では9割近くが法案に反対した。抑止力と考えるか、戦争に巻き込まれると考えるかは、法案の賛否に密接に関連している。

 

 安保法案を9月27日までの今国会で成立させる政府・与党の方針には「反対」が63%(前回比2ポイント増)を占め、「賛成」は25%(同3ポイント減)だった。政府・与党は衆院での議論は尽くされたと主張したが、国民への説明が「不十分だ」は82%となお高率だ。こうした中での強行採決には自民支持層でも「問題だ」(43%)と「問題ではない」(47%)が拮抗(きっこう)した。

 

 参院審議で野党に望む対応は、「法案の撤回を求める」38%▽「法案の修正を求める」32%▽「法案の審議に協力する」20%−−と分かれた。野党支持層では「撤回」が目立って多いが、維新支持層では「修正」が4割で最多だった。政党支持率は、自民28%▽民主10%▽維新6%▽公明4%▽共産5%−−など。【今村茜】