ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「サイゼリヤ」でセクハラ被害受けた女性が自殺

 

以下のようにサイゼリアでひどいセクハラがありましたが、これは労働問題でもあります。当然、店長にも本社・社長にも責任があります。周りの人が早く動くべきでした。

ユニオンの存在を知らない人、セクハラやパワハラ、いじめへの対処の仕方、闘い方を知らない人が多すぎます。

そこが教育の一番の問題です。

 

 

2014年12月、東京のレストランチェーン「サイゼリヤ」に勤務していた女性(20代)が男性副店長からセクハラやパワハラ行為、ストーカー行為を受けて自殺した。

 

女性は2013年4月、専門学校に入学と同時にサイゼリヤでアルバイトを開始。 当時の女性店長から「定時社員」への提案を受け、201410月、女性は専門学校を中退しサイゼリヤの定時社員として勤務を始めた。

 

女性が定時社員となった直後から副店長(20代後半、身長180cm、妻子持ち)のセクハラが始まった。 その副店長は、被害女性の髪や耳を触ったり抱きつくなどの執拗なセクハラを行い、女性の給与明細に「私はあなたが好き」と手書きで書いて渡していた。

さらに女性の名前を記したうえで「行動はちゃんと見ています。わたしは○○(女性の名前)に対して諦めない!!」などと書いたものも渡していた。

 

また、トレーニングノートと呼ばれる連絡帳でも「自分は○○(女性の名前)関わったことを後悔してはいません。だって、すごく楽しかったから」と記していた。さらに、好きな従業員のランキングを書き、1位に被害女性の名前を書いていた。

 

さらに被害女性の自宅に押しかけるなどストーカー行為を繰り返し、2014年9月には肉体関係を強要した。

女性は関係を断とうとしたが拒否されて、逆に2014年12月に「一緒に死のう」と心中を持ちかけられ、翌日に自宅で1人で首をつって自殺した。 

 

女性は罵倒や無視といったパワハラも受けていた。店長には妻子がいたが、正社員になりたいという希望を持った女性に対してセクハラを繰り返し、女性が反発するとパワハラ行為で女性を追い詰めたとみられる。

 

自殺した女性の遺族が、サイゼリヤと当時の上司に対し、総額約9800万円の賠償を求め東京地裁に提訴している。遺族は、「娘はパワハラの影響で、副店長との性的関係を拒否できなくなっていた」と主張。「店長は副店長の行為を知りながら放置していた」と訴えている。