ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

東京での『ジョン・ラーベ』上映会

 

 

私は大阪でのものを見ましたが、東京の報告です。

 

 

7月20日午後、東京・日本教育会館大ホールで『ジョン・ラーベ~南京のシンド

ラー』大上映会が行われた。開場1時間前から当日売りの列ができ、800人のホー

ルはあっというまに埋まった。急遽用意した第2会場も200人で満席。100人以上

が入れずにお断りする事態となった。開会挨拶は土屋トカチさんが行い、続いて

永田浩三さんが映画の背景をわかりやすく解説した。135分の長編劇映画だった

が、映像や音響効果が素晴らしく、南京事件を「臨場体験」するあっというまの

時間だった。映画が終わると会場いっぱいに大きな拍手がおき、感動が広がっ

た。今回は「南京事件」がタブー視される風潮のなか、労組関係者や文化人が呼

びかけ実現したもの。上映会の大成功は「歴史修正・戦争できる国」の安倍政権

への一撃になったに違いない。(M)

 

↓写真速報

http://www.labornetjp.org/news/2015/0720shasin

↓動画(永田トーク14分)

https://youtu.be/12lO_7gqtpY