ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「波風に対して、帆を高くあげよ」

 

 

『奇皇后』『ソンドク女王』をみおわって、楽しみが亡くなった後、

むかし録画しておいた『馬医』をみはじめて、それが楽しみ。

これもイ・ビョンフン監督の作品。

 

f:id:hiroponkun:20150813165759p:plain

 

その中の名言。

 

「波に浮かぶ船はみな一様に波風にさらされる。だが同じ波風を受けても、ある船は東、ある船は西へ進む。なぜかわかるか?

船の向かう先は、風や波でなく、船にかかる帆で決まるからだ。

人は多くの試練と苦難に見舞われる。運命とは実に過酷なものだ。

だが忘れるな。

どんなときも行先(いきさき)を決めるのは、そなたがあげる帆だ。

波があろうと今のように“心の帆”を高くあげよ。」

 

****

これは主流秩序の中で自分はどう生きるかという話です。

「どのような帆をあげるか」で主流秩序にたいする「方向」は真逆になります。

じぶんなりの帆をかかげこそ、態度価値を生み出ことができます。