読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

失敗は尊い別の人生を歩める機会なのだ。

 

 

イ・ビョンフン監督『馬医』42話あたりの言葉。

 

師匠のサームが、不徳で追放した元弟子ヒュンゴクに言う言葉。

「潔く罪を償え。いつだって人はやり直せる。

これまでとは違う新たな道に進むのだ。

・・・

成功だけを求めるな、ヒョンゴク。

失敗しても決して終わりではない。それは成功よりもっと尊い別の人生を歩める機会なのだ。

逃してはならん!今、この機会を逃すな!」

 

主流秩序から離れる、立ち向かうというのはとても怖いことのようだと、学生さんたちの反応を見て改めて感じています。

しかし、「失敗する」「負け」る経験、成功(主流秩序での上昇、主流秩序へのしがみつき)から離れることで見えてくるものこそ、スピリチュアリティあるものです。

 

しかしそれはわからない人には、聞こえないし、見えないし、言われている意味がわからないでしょう。