ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

松原さんの「戦争法案」反対運動の記録

 

http://www.labornetjp.org/news/2015/0921matu

レイバーネットの松原さんのレポート、いいですよー

 

以下、一部だけ紹介

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディアをめぐる攻防~もうひとつの「戦争法案」反対運動

 

憲法を投げ捨て「戦争する国」に大きく舵を切る「戦争法案」。この攻防は戦後

史の行方を賭けたたたかいだった。ことし2015年の5.3憲法集会に3万人が集ま

り、反対運動の口火がきられ、5月~9月までの大闘争となった。そして9月19日

未明、インチキな強行採決と数の力でねじ伏せるように「戦争法案」は成立し

た。

そのなかでメディアの果たした役割はきわめて重要だった。たたかいの半分

は「メディア戦」だといってもいい。なかでもNHKが果たした世論誘導は犯罪的

でさえあった。

いっぽう反対運動の広がりをつくったのは、「東京新聞」「TBS

報道特集」「テレビ朝日報道ステーション」「日刊ゲンダイ」などのマスメディ

アと民衆自身による「ネットメディア」だった。

私はこの間、国会前デモをはじ

め現場に足を運び「レイバーネット」に記事や動画を流し続けた。そこから見え

たもの、感じたことを書いてみたい。

↓続き

http://www.labornetjp.org/news/2015/0921matu

 

***

 

そしていよいよ最終局面の9月18日夜の参院本会議採決をめぐる攻防になった。この日はさすがにNHKも中継した。またネットでは「参議院インターネット審議中継」サイト・ヤフー、ニコニコなどが流していた。

国会前のデモ参加者の多くはそれらをスマホで視聴して最新情報をつかんでいた(写真上)。そして、コールをあげていた。だから、福山哲郎議員や小池晃議員の演説タイムに合わせて「福山がんばれ」「小池がんばれ」のコールを、議事堂に向けてあげることができた。次に公明党議員の発言の番がきた。出てきたコールは「公明党よ恥を知れ!」だった。

f:id:hiroponkun:20150923114608p:plain

 

 国会の内と外をつないだリアルタイムのたたかいが、こうしてネットメディアを駆使することで実現した。それは私にはとても新鮮だった。午前2時すぎ、山本太郎の5回目の「一人牛歩」が始まった。議場内では与党議員がものすごいヤジと罵声を山本議員に浴びせていたが、国会前は逆だった。「タローがんばれ」「タローがんばれ」の大コールが起きていたのである。

 

 本会議採決は19日午前2時18分だった。それを受けて、リーダーの奥田愛基さんが「採決撤回!」の声を上げた。そのコールが一段落したところで、奥田さんはたくさんのカメラに向かってこう呼びかけた。

「いまネットで見ている人たちに訴えたい。こんな状況を許してはならない。あなたも声を上げてください。賛成議員を落選させよう。選挙に行ってほしい。デモに行ってほしい」と。

そしてすぐに「選挙に行こうよ!」「デモに行こうよ!」の大コールが始まった。午前3時、国会正門前に残った若者たちは1000人くらいだと思う。しかし、国会前のたたかいはネットを通して、日本中にいや世界中に発信されていたのだ。