ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

母からの手紙

 

 

徹子の部屋』で新垣隆さんがでているのを見た。いいものに触れる時間を持てた。

 

彼が5万円ほどのアパートで親の近くに住んで遅くなっても親の家に立ち寄ったりしてかかわっていること、彼の人柄、母からの手紙の内容、そして黒柳さんに捧げる即興曲

まともな空気が流れる時間だった。

上昇志向があるかどうか、だから利用されたのだろう、そういうことを思わせるものだった。

名声とか親とどうかかわるかには、その人柄が出ると思う。

 

もちろん、自分の親だけを大事にするということのエゴイズム性、その「大事に」という中身や質、つまりはスピリチュアリティにかかわるのだが。

それもふくめて、親とどのようにかかわるかは、まあ恋人や家族や友人にどうかかわるかにもつながることだと思う。

広告を非表示にする