ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

沖縄の反対運動  強権的につぶす安倍政権

 

マンションの工事偽装も問題ですが、安倍政権がとてもひどいことをしているからこんな政権を許していいはずがないのに、無関心で、安倍政権をまだ支持する。こんなだから総体として本土の人は秋縄を差別しているというのです。

 

  • 工事再開 激しく反対運動  それに対してひどい対応

10月13日、沖縄県の翁長雄志知事が前知事による辺野古埋立の承認を取り消し。

安倍政権は強硬姿勢をつづけ、工事再開に向けて即座に手続きを進めた。執行停止の申し立てを行い、承認取り消し処分が違法であるとして地方自治法に基づく代執行の手続きに入ると決定し、同月29日には埋め立てに向けた本体工事に着手した。

 

それに対して反対運動が続いているが、逮捕、けが人が続出している。

しかし本土のニュースでは軽く少し扱うだけなので、本土のほとんどの人は無関心。

 

 沖縄では県民の79%が知事の承認取消を支持し(沖縄タイムス同月20日)、普天間基地沖縄県内移設には実に83%が反対している(琉球新報2015年6月2日)。

 

沖縄では基地負担は本土から沖縄に対する差別であるとの評価

本土と沖縄の大きな温度差。

 

 

 

辺野古埋め立てを巡る今後の手続きの流れ

 

沖縄県は11月2日、埋め立て承認取り消しの効力を石井啓一国土交通相が止めたのを不服として、国の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出た。

 

行政不服審査法に基づき防衛省(沖縄防衛局長)が国交相に承認取り消しの効力停止を申し立てたことについて、県は「国が申し立てる資格はない」として、申し立てを認めた国交相の決定は違法だと主張している。

 

  一方、国は、翁長知事に代わって国が埋め立てを承認する「代執行」の手続きも開始し、取り消しを撤回するよう勧告している。県は応じない方針で、国は今後、さらに是正指示を出した後、早ければ月内にも代執行を認めるよう高裁に提訴する予