ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

The long and winding road


津村 記久子さんのエッセイで、「正しいことへの道は険しく曲がりくねっている」という表現があった。


それで思い出したのは、ロング・アンド・ワインディング・ロード、という言葉。
懐かしい言い方だと思った。

 ビートルズである。


「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road

以下のような歌詞だと再確認した。

 

長くくねった道 The long and winding road 


  長くくねった道が
  君のドアに通じてる
  いつもそこにあって
  ぼくが通るたびに
  君へと導いてくれる
  いつもそうしておくれ

  荒々しい夜に
  雨が降り続いて
  涙もたまってしまった
  泣き続けたおかげで
  ひとりぽっちはつらい
  きみのところにいきたい

  ひとりぽっちのたびに
  いつも泣いてたんだ
  いつも君を求めてた
  わかって欲しいんだ

  ぼくは戻りたいんだ
  長くてくねった道に
  ひとりぽっちはつらい
  いつまでもたえられない
  ぼくを捨てないでおくれ
  ぼくを迎えておくれ


1970年のアルバム「レット・イット・ビー」に収録。作者はポール・マッカートニー


この曲についてポールは「あの頃の僕は疲れきっていた。どうしてもたどり着けないドア、達し難いものを歌った悲しい曲だよね。終点に行き着くことのない道について歌ったんだ」と語っているとのこと。

広告を非表示にする