ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

高校生がユニオンに加入して交渉して未払い賃金を獲得

 

ユニオン、労働組合に入る人が少ない日本社会。連帯しようというような発想がなく、自分の権利も仲間の権利も守ろうとしない。
がんばって組合している人がいるのに、その人をしり目に、やっても意味ないといって自分は組合に入らない。しかし成果だけは享受する。


以下の話は、労働協約ということがポイントではない。それは結果のカタチであって、普通の人にわかるように言うならば、

 

高校生が組合加入して交渉して未払い賃金をゲットしたよ、
時間外労働は1分単位で計算したよ、
同じ職場の人、70人がみんな過去の未払い賃金をもらって、合計500万円が会社から労働者に払われたよ、ということだ。

 

 

「ユニオンぼちぼち」など個人加盟労組がしてきたことだが、高校生ということで、ニュース価値があるので報道された。

みながこうしたユニオンのことをしって戦う個人になってほしいと思う。

f:id:hiroponkun:20160316022005j:plain

*******
サンクスバイトの高校生、ブラック職場に対抗し労働協約
朝日新聞デジタル 3月15日(火)21時18分配信

 コンビニエンスストア「サンクス」でアルバイトとして働く埼玉県の高校3年生の男子(18)が、労働組合「ブラックバイトユニオン」を通じて労働協約を結んだ。店の運営会社と「賃金支払いは1分単位」とすることが柱。高校生が労働協約を結ぶのは珍しい。

 ユニオンが15日発表した。高校生が働く店では賃金が15分単位で計算され、15分に満たない時間分は「ただ働き」させられていた。労働協約は、1分単位で賃金を支払うしくみに改め、アルバイトを含む従業員約70人に未払い賃金計約500万円を支払う内容という。高校生は「行動することが大きなことだと実感した」と話す。

 また、フランチャイズ本部が提供している店の勤務管理システムが、15分未満の労働時間を切り捨てることができるしくみは不適切として、ユニオンが15日、サークルKサンクスに改善を申し入れた。同社広報は「店には1分単位での賃金計算を推奨している。システムを見直すかどうかはコメントを控えたい」としている。
朝日新聞社