ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

あいりん職安で求職の申込みをしよう

 

以下の情報が回ってきましたのでお知らせしておきます。
***


野宿している人、生活保護を受給している人、女性の人も あいりん職安で求職の申込みをしよう


4月1日、あいりん職安はやっと労働者への仕事の紹介業務をはじめたことと業者の求人の受付を始めたことのお知らせをB4大の紙に書き、15番窓口に貼り出しました。
あいりん職安は、釜ヶ崎の労働者への周知徹底を図ることにどうしてためらっているのか。センターの中や釜ヶ崎の地域の中のあちらこちらに掲示板があるのに、それを使って大々的に周知徹底すればいいではないか。また、それ以外の方法でも周知徹底を図ったらいい。


釜ヶ崎の労働者の多くは働きたくても仕事がなく、野宿しなければならない状態が続いているのに、あいりん職安はやる気があるのか。やる気を示せ。それとも釜ヶ崎の労働者がたくさんあいりん職安に登録したら何か困ることがあるのか。
釜ヶ崎の労働者の皆さん、あいりん職安に求職の申し込みをして、求職受付票を受け取っておきましょう。あいりん職安が仕事の紹介業務を始めた時に必要となるものですから。


あいりん職安の16番窓口で午後1時から午後5時15分まで受付をしています。求職の申し込みには印鑑も住民票も必要ありません。書くのは氏名、年齢、住所(住所は分かっているところまで書けばいいとのことです)。赤い丸をしている3カ所に書けばいいとのことでした。センター周辺で野宿している人は萩ノ茶屋1丁目と書けばそれで事足ります。


先週の4月5日(火)、あいりん職安の窓口に行って「現在までに求職の申し込みをした労働者の人数を教えて下さい」とたずねたところ、「教えられません」との返事。たったこれだけのことをなんで隠す必要があるのか。


釜合労は大阪労働局に情報公開を求めました。あいりん職安は「情報提供」に積極的になれ。

 

労働者はあいりん職安に求職の申込みをしよう
あいりん職安は判決を守れ
釜ヶ崎銀座通りをローマ市の「バレンティ通り」に
野宿しても排除されない社会をめざそう
シェルターは公金を使った貧困ビジネス
釜ヶ崎に監視カメラは要りません
まずセンターの耐震工事を早急に行え
特掃輪番労働者の賃金を上げろ
(消費税8%分 456円アップの手取り6156円)

 


 今後の裁判スケジュール 
憲法32条には裁判を受ける権利があると明記されています。それに従い、その権利を行使しているのです)  
 
*4月27日(水)午後3時 大阪地裁1007号法廷
西成区役所(大阪市)が設置した監視カメラの撤去を求める裁判。判決です 
  *5月17日(火)午前10時30分 大阪地裁806号法廷
       シェルターリース料の不正疑惑を問う裁判   
   *5月26日(木)午後1時10分 大阪地裁806号法廷
二星さんが生活保護を廃止されて闘っている裁判。判決です