読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「死刑になるために刺した」 死刑制度の愚かさ

 

死刑制度が、殺人であり、冤罪もあり、執行人は大変で、犯罪抑止効果も低く、廃止すべきという世界の潮流がある中で、未だ死刑制度に固執している、人権後進国日本。
そして自分で手を下さないで、誰かにやらせ、考えず、感情的で、考えない日本人の多数。
修復する、非暴力ということが進まないレベル。

 

 

その死刑制度の矛盾が今度の事件でも出てきた。
「死刑になるために刺した」と、北海道釧路市イオンモールで4人に対し、包丁で無差別に切りつけた犯人が語った。
犯罪抑止効果がなく、むしろ、殺人という重大犯罪を誘発してしまった。

 


別のケースで、一人殺すも二人殺すも同じだとか言って居直ってしまう殺人犯もいる。
永山判決基準が放棄されて、一人を殺しても死刑になりうる状況だから今後さらにこうなる。

f:id:hiroponkun:20160622032456j:plain