ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

週刊文春の鳥越俊太郎氏スキャンダル報道に様々な疑問点

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/319457
【緊急アップ!】週刊文春鳥越俊太郎氏スキャンダル報道に様々な疑問点!鳥越陣営は「事実無根」だと名誉毀損と選挙妨害で東京地検刑事告訴!岩上安身の直撃取材に鳥越氏本人が答えていた「疑惑」の真相とは?

 

2016.7.21
記事公開日:2016.7.21 
(岩上安身)


週刊文春鳥越俊太郎氏のスキャンダル疑惑を報じることを受け、2016年7月20日22時半頃から岩上安身が連投したツイートをリライトしてまとめました。


 週刊文春が鳥越氏のある女性スキャンダルを追っていることは数日前から情報を得ていた。しかし、裏が取れず、難航し、昨日の時点では別の話に切り替えた、あるいは掲載を諦めた、という情報も得ていた。ところが今日になったら、やはりこの事案で決行するという。驚いたのは僕だけではないだろう。


 明日、週刊文春が、過去に鳥越俊太郎氏が自身の別荘で20歳の女子大生とキスをした、という事案で記事を出す。キスをしたが、セックスには至っていないと書かれている。これは不思議な話で、記事の通りに別荘に2人で行き、キスしたのが事実として、何が問題なのか、ということになる。


 しかし、タイトルは「女子大生淫行」疑惑、と打たれ、「キスの経験もない20歳の大学生を富士山麓の別荘に誘い込んだ鳥越氏は二人きりになると豹変したという」と長いサブタイトルが添えられている。疑問点は2つ。学生とはいえ、20歳の成人。条例違反の「淫行」に相当するのか。


 「淫行条例」をウィキで調べるとこう出てくる。「淫行条例(いんこうじょうれい)は、日本の地方自治体の定める青少年保護育成条例の中にある、青少年(既婚者を除く18歳未満の男女)との「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」」
Wikipediaより 淫行条例


 「淫行」とは、18歳未満の青少年が性行為の対象となったときに使われる言葉なのである。文春は「淫行」を鉤括弧でくくり、さらに慎重に「疑惑」という言葉をつけている。これで留保したつもりなのだろうが、やはり20歳の大学生相手に「淫行」というタイトルはミスリードではないか。


 もう一つの疑問は、サブタイトルの語尾が「という」となっていること。おや、と思うと、女性本人の証言ではなく伝聞なのである。その女性の、当時の恋人で、その後結婚し、夫となった男性の証言で記事が構成されているのである。文春は当事者の女性の証言を得ていない。


 そもそもその女性の誕生日パーティーのために、2人だけで別荘に行った事実はあるのか。仮に別荘に行ったのが事実であり、キスをし、それ以上の性行為には至らなかったのも事実だと仮定して、何が問題になるのか。ある弁護士は匿名で「その記事の通りだとしたら、犯罪性はない」と語った。


 その弁護士は続けて「問題があるとすれば、既婚の鳥越氏の不倫。しかしこれは被害者は鳥越氏の奥さんであって、奥さんが夫の浮気が許せないと週刊誌に告白したならともかく、浮気しかけた相手の、その恋人で現在の夫が週刊誌に話をしているのが解せない」と首をひねる。


 気になることが書かれている。その女性と当時の恋人である男性(現・夫)と話し合いの場を持ち、鳥越氏が詫びて、「テレビを降りる」と鳥越氏が言ったという。「テレビを降りろ」と迫ったとは書いていない。


 しかし、その男性が関わっていたあるイベントの仕事に偶然、鳥越氏が出演すると決まったときは、「出演をキャンセルしてほしい」とメールし、鳥越氏は実際キャンセルしたという。


 これについて先述の弁護士は、「仮に当時、示談したとしたら、その後にこうした要求はダメ。脅迫罪になりかねない」と指摘する。元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏は、「脅迫罪に該当するかどうかは、イベントに出るなと言ったメールに害悪の告知があったかどうか」による、という。


 落合弁護士はこう解説する。「『害悪の告知』とは、わかりやすいのが『殺すぞ』などという身体への攻撃。しかし、脅迫罪においては、名誉とか信用に対する『害悪の告知』も成り立つ。この男性のメールだけではわからないが、イベントに出たらバラすぞ、脅迫するぞと言っていたら脅迫罪」


 落合弁護士はさらにこう続ける。「また強要罪というものもある。これは義務のないことをやらせたり、行うことをやめさせること。あくまでメールの中身を見なければわからないが、中身によっては、イベントの出演をやめさせたのは強要罪にあたる可能性もある」。


 「何年経過しても、鳥越氏が社会的に活躍する限り仕事の妨害をする場合は、業務妨害にあたる場合もある」と、先に登場した匿名のベテラン弁護士も指摘する。また、知事選の選挙期間中でのこの報道についても「なぜ文春は当事者の取材ができていないのに出したのか」と疑問視する。


 ベテラン弁護士はこう続ける。「あくまで事実がどうだったのかによるが、密室での出来事だけに、当事者でないとわからないことが多い。仮にその行為に強引なところがあったと立証できなければ、名誉毀損になるだけでなく、選挙期間中だけに公職選挙法上の自由選挙妨害罪にあたる」。


 実際、今回、鳥越氏の代理人を務める弘中淳一郎弁護士は、週刊文春にあてての抗議文を報道関係にも、メールで送信。そこに名誉毀損および選挙妨害で東京地検に明日(21日)にも東京地検刑事告訴すると記されている。



 落合弁護士は、文春の言い分にも一定の理解を示す。この記事が名誉毀損および選挙妨害にもあたるのでは? また、見出しに「淫行」とまで書いているのは問題では?という問いに対し、「うーん」と唸りつつも、「個人の私生活上のことを取り上げてはいるが、これから都知事になろうとしている人の、人としての資質とか人間性に関わるもの、とは言えると思う。公益性とか公共性があるという文春の主張は否定しづらい。だから問題は真実性。どこまで真実かどうか」。


 選挙妨害については、「日本は表現の自由が保障されている国ですから、選挙期間中とはいえ、きちんと裏を取った、名誉毀損にならないという判断のもとにマスコミが記事を出すことに対して、『選挙妨害だからいけません』とは、なかなか言い難いものがあります」と落合弁護士は言う。


 やはり起きたことが事実かどうかが、鍵を握るのだ。文春の記事中、「キスをすると」という表現の前に「強引に」とある。たった3文字だが、「強引」かどうかは重大な意味を持つ。


 落合弁護士は、「強引」であったことが事実であったら、「あくまで一つの可能性として」と断りつつ、「強制わいせつ罪、強姦未遂罪に問われる余地はある。あくまで余地。もちろん時効は過ぎているし、立件するのは無理」という。


 この事案は、週刊文春が初めて取材したわけではない。実は以前に週刊新潮が取材し、結局、掲載を見送っている。裏が取れなかったか、当事者の話が取れなかったためであると思われる。週刊文春の記事内には、以前に週刊新潮が取材に動いたこともさらっと触れられている。


 ネタ元は誰か、といえば、週刊文春の冒頭に登場する某私大の教授である。この教授が誰かは明かさないでおくが、この事案を取材したら誰かはすぐわかる。文春は当の教授本人ではなく、その人物を知る大学関係者から「絶対匿名を条件に」話を聞いたと間接取材であることにしている。


 しかし我々は当の教授本人にコンタクトを取っている。教授はIWJの記者に対して、「岩上さんにならば話したい。直接話す」と言い、18日月曜日に会うことにした。取材のために某大学近くのレストランの個室まで予約していた。しかし、当時の朝、その教授から連絡があり、ドタキャンに。


 電話がつながると、「事情が変わった。話せなくなった」という。何がどう変わったのか聞くと、「話せない。それは取材を受けたことになる」という。しかし、我々がこの教授にたどりついたのは、直接、教授に接触して話を聞いたという記者がいると聞き込んだからだ。その点を確かめた。


 するとこの教授は、以前に週刊新潮が取材した時には記者に会ったが、今回のこの知事選のタイミングではない。直近では記者には誰とも会って話していないという。週刊文春が動いているとすでに聞いていたので、その点も確認すると、誰とも会っていないと否定した。


 もう一点、鳥越氏について一度は話すと言ったのに、急遽、翻したのは、鳥越氏が サイドから抗議があったのか?と聞くと、「ノーコメント」と言葉を濁した。この点について、私は鳥越氏本人に直接、確認のため、尋ねた。鳥越氏は「その教授には何も抗議などしていない」と答えた。


 鳥越氏は「文春から取材申し入れが選対にあった。事実無根であり、記事を出したら名誉毀損と選挙妨害で訴えると返事をしました。僕は直接、文春の記者と会っていません。教授はおそらく文春側から話がいったんでしょう」と語った。


 実は、この日の3日前、15日金曜日に私は鳥越氏に単独インタビューを行っている。そのインタビュー中継の終了後、この事案について詳しく聞いている。週刊文春は鳥越氏に直接、話を聞くことができていないが、私は鳥越氏の言い分を直に聞いている。その中身は本記事後半で明らかにする。


 一点だけ、付け加えておきたい。この事案は以前に週刊新潮が取材し、掲載を見送ったネタであると先述した。新潮が見送ったのは当事者の女性に話を聞くところまで辿り着けず、確信が持てなかったのだろうと思われる。今回、文春は週刊新潮が見送ったネタを拾いに行ったことになる。


 しかし、文春もその女性には辿り着けなかった。なのに、掲載に踏み切った。都知事選の選挙期間中だというのに、だ。いや、選挙期間中だからこそ、あえて、なのか。
 週刊新潮が過去に動いていたこともあり、教授が話したこともあって、たしかに噂は広まっていた。その噂とは、「鳥越氏が女子学生をレイプした」というものだった。事実ならば大変な問題である。だからこそ、掲載された文春の記事を読んで私は拍子抜けした。

 


 レイプではなく、双方合意の和姦でもなく、肉体関係などなくて、キスだけ。噂とはあまりにも話が食い違っている。誰かが話を膨らませたのか。それとも噂とは、伝わっていく過程でどんどん尾ひれがついていくものなのか。よほど慎重にウラを取らないと、情報というのは歪んで伝わるものだ。


 もちろん、鳥越氏は、文春の記事中の話も事実無根と否定している。事実無根とは、キスもしていない、という主張である。それが本当ならば、大変な衝撃だろう。筋立てはシンプルな話だが、それでも何が真実なのかを見極めるのは、こんなにも難しい。


 かつて先行してこの事案を追った週刊新潮は、今回、この事案を取り上げず、代わりに過去に鳥越氏が女優の岸恵子氏と浮名を流した話を掲載している。モテモテの色男という話で、犯罪性や事件性は何もない。新潮と文春のこの判断の違いは何か。文春があえて冒険に出た理由は何か。


 ちなみに、新潮の記事のタイトルは、「『鳥越俊太郎』無節操の履歴書」というもの。軽いタッチのタイトル通りの読み物である。時の人、鳥越氏を取り上げて記事にしたいのは週刊誌としては当然ではある。しかし、文春と新潮の判断の差は非常に大きい。どちらが賢明であったか。


 ともあれ、文春が投下した爆弾は、鳥越氏が言うように仮に「事実無根」であったとしても、この都知事選に大きな波紋を呼び起こすだろう。文春の記事が出る前から、対抗陣営はこれを目一杯利用するという噂を聞いていた。「強姦魔」というプラカードを用意している、というのだ。


 文春が出て、一番がっかりするのは、この人々かもしれない。せっかく用意した「強姦魔」というプラカードは無駄になる。今度は「キス魔」にするのだろうか。それとも「淫行」か。この表現が妥当ではないことは冒頭でも述べた。やめたほうがいいと忠告しておきたい。


 いずれにしても、文春が発刊されたあとは、大騒ぎが起こる。イメージダウンを余儀なくされる鳥越氏は、このあとの選挙戦後半を相当苦しむことになるに違いない。意図したものかどうかはともかく、文春が放った砲弾はライバルの小池氏と増田氏をアシストするものになるのは間違いない。

 


 以下、7月15日のインタビュー後に、鳥越氏にこの事案について直撃した詳細内容を掲載する。
【インタビュー終了後】
岩上安身「ちょっと聞いた話があって心配になってるんですけど、鳥越さんに関して『●●大学某重大事件』がある、と。これが今、ネット上などで出回っています」


鳥越氏「そういう風にずっと言われてることはわかってるんです。週刊新潮が一回取材に来たことがある。で、結局、週刊新潮は記事を書けなかったんです。それは要するに、書けるだけの事実関係をちゃんと確認できなかった。それぐらい曖昧な話なんですよ。
 まあ、『あぁ、この話かな』というのは思い当たる節はあるんですよ。でも、そういう事実はないんです」


岩上「この話は今、週刊新潮週刊文春と両方動いていて、来週発売の号で書くそうです」


鳥越氏「選挙の最中にそういうことやるのは、選挙妨害ですよね」


岩上「僕が聞いている話では、●●大学の女子学生に対して、鳥越さんが暴行をはたらいた、と」
鳥越氏「そんなことするわけがないじゃないですか」

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞