読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

小倉さんのオリンピック批判

 

小倉利丸さんの意見、紹介しておきます。

 

-----------------------------
資本主義的身体からの訣別のために―近代スポーツと身体搾取

 

オリンピックの喧噪はこれからも続くだろうが、オリンピックが「近代スポーツ」の最も大掛かりなスペクタクルとして、国威発揚の手段であることは誰もがほぼ認めることであるが、同時に、「国威発揚」といった国益にスポーツを利用する露骨な政治家の発言を不謹慎だと諫める良識ある者たちの多くは、スポーツが政治から中立でありうるというこれまたありえない幻想を近代スポーツの理想として実現可能なものだとする過ちに陥っているように見える。

東京オリンピックの浪費的支出や過大な公共投資の弊害や、賄賂まみれの誘致を批判することは必要不可欠なこととはいえ、だからといってつつましやかなオリンピックなら(民主的なオリンピックなら、ということでもいいが)歓迎だ、ということになるのかどうか。むしろオリンピックに体現されている近代資本主義が生み出した資本の倫理と価値観を支える「身体」のありように対して根底的な批判の目を向けることが必要ではないか。

 

以下はブログで(本来のブログサイトが不具合なので仮のブログです)
https://neplukapitalismo.wordpress.com/2016/08/26/capitalist_body_politics/

小倉利丸