読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

トランプ氏の女性への態度

 

ようやく、トランプの限界を示せる時が来たようです。ジェンダーの問題は大きいです。「力のある個人が侵害行為をあからさまに悪びれずに語った」と捉えることができるかどうかは試金石です。

 

「「心底衝撃」とオバマ夫人、トランプ氏非難で異例の演説」@ブルームバーグ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-14/OF0FTR6JTSEM01

Sahil Kapur

2016年10月14日 10:29 JST更新日時 2016年10月14日 11:56 JST

 

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏が2005年収録ビデオの中で女性の意に反して体に触ったりキスしたりするのを自慢げに語ったことについて、オバマ大統領の夫人であるミシェル・オバマ氏が13日、感情をあらわにトランプ氏非難の異例のスピーチを行った。

  ミシェル夫人民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン陣営がニューハンプシャー州マンチェスターで開いた集会で演説。先週明らかになったトランプ氏のビデオに言及し、「米国の大統領候補が女性への性的暴力を自慢げに語ったのを、ここでお話しすることになるなんてとても信じられない」と発言した。

 

  「これはただの下劣な会話でもロッカールームでの軽口でもない。力のある個人が侵害行為をあからさまに悪びれずに語った上に、女性に触ったりキスしたりする行為をひわいな言葉を使って自慢した。テレビをつけると子供たちの耳に入るのではないかと、われわれの多くは心配したのではないか」とミシェル夫人は話した。

 

  ファーストレディーとしてのミシェル夫人がこのような発言をするのは異例。夫人は「この件について考えずにはいられない。自分でも予想できなかったほど心底衝撃を受けた」と、通常のスピーチで済ませることができなかった理由を説明した。

 

  ミシェル夫人はトランプ氏の女性への言動に関し、「6歳の児童でさえも、もっとよくわきまえている。6歳児はこれが大人、まともな人間の振る舞いではないと分かっている」と語った。

 

  クリントン氏は13日、サンフランシスコで選挙運動のスタッフにあいさつ。この中でミシェル夫人のスピーチは感情を揺さぶるメッセージだったと称賛した。

 

  一方のトランプ氏は同日、フロリダ州ウェストパームビーチで演説した。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)などが今週伝えた同氏の過去の女性への身体接触をめぐる記事について、「私が不適切な行為を行ったとするこれらの卑劣な主張は全くの偽りであり、クリントン夫妻はこれを十分承知している。純然たる作り話であり、明白なうそだ」と発言。こうした報道は「ワシントンのエスタブリッシュメント(権力層)」とクリントン陣営、メディアによる陰謀の一環だと言い放った。

 

原題:Michelle Obama Rebukes ‘Predatory’ Trump, Saying She’s Shaken to Core(抜粋)
http://www.bloomberg.com/politics/articles/2016-10-13/michelle-obama-delivers-emotional-rebuke-to-trump-s-predatory-behavior

 


「トランプ氏は「恥知らず」 ミシェル夫人、女性蔑視発言を痛烈批判」@AFPBBnews
http://www.afpbb.com/articles/-/3104315

2016年10月14日 08:39 発信地:ワシントンD.C./米国

 

【10月14日 AFP】ミシェル・オバマ(Michelle Obama)米大統領夫人(52)は13日、大統領選の共和党候補ドナルド・トランプDonald Trump)氏による女性関係の過激な性的発言について、「恥知らず」で「容認しがたい」と痛烈に批判した。

 

 ミシェル夫人は米ハーバード大学(Harvard University)卒の弁護士だが、これまでは政治の分野で注目を集めることは避け、主に教育や健康問題に取り組んできた。しかし同日、民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官ニューハンプシャー(New Hampshire)州で開いた選挙集会の応援に駆け付けると、「この狂気の沙汰に幕を引かなければ」と熱弁を振るった。

 

 トランプ氏をめぐっては、自分は有名人だから女性に触れてもとがめられないなどと豪語する動画が公開されたのに続き、過去に体を触られたり無理やりキスされたりしたなどとする女性2人の証言を米紙が報じた。トランプ氏側は事実関係を真っ向から否定している。

 

 ミシェル夫人は「これは更衣室の雑談などではありませんでした。権力者が性的搾取に当たる行為について、気ままにあからさまに語ったものでした。女性にキスした、体に触ったと吹聴しているんです」と強く非難した。

「どの党に属するかなど関係ありません。民主党だろうが共和党だろうが、無党派だろうが、このような扱いに値する女性などいません。この種の虐待を受けてしかるべき人などいないのです」と訴えた。(c)AFP