読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

へんな政治家とサイコパス問題—-平気でうそをつける人、きれいな心が見えない人

 

前に私のブログでサイコパスについてふれたことがある
2015-11-05
経営者や弁護士にはサイコパスが多い →橋下はサイコパス
http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2015/11/05/013735

今回はその続編。
 
安倍や橋下(そして世界中でのトランプなどのポピュリスト、典型はヒトラー)をみていて、平気で嘘をつける人の怖さと愚かさと政治家というものの闇を感じる。真珠湾に行って戦争の本質や責任に深く入り込まず「不戦の誓い」だ、「寛容の精神」だと美辞麗句を平気で言える。


思えば政治家とはそういうものだと思う。選挙のときに高揚して人々の前で何かを語るが、語る方も本音ではなくこういえばいいということを言っているだけで、心のなかでは大衆をだます相手と思っている。

支持者たち聞く方もおおむね予定調和のなかにいる。候補者名を連呼して歓声を上げる(韓国ドラマ『レディ・プレジデント』の政治家、選挙をみよ)。で、政治家は自分に酔える。自分も騙せる。厚顔無恥で深く自分を見つめない。言いきって高揚する。これが政治だ、これがリーダーだと思い込む。

 

オリンピックやカジノで元気になりましょう!アベノミクスで経済もよくなります!GDP600兆円にします!雇用を生むよう企業を地元に誘致します!減税します!福祉を充実させます!財政改革します!国民がみな活躍できる国にします!100年もつ年金改革です!景気をアップさせるよう万博を誘致します!欧米列強からアジアの解放を!国民と領土を守ります!原発は安全です!郵政民営化や都構想で社会は良くなります!慰安婦問題で日本は世界から誤解されています! メキシコとの国境に壁を作ります。不法移民を追い出しm差う。白人女社会を取り戻します!移民は自分の国で幸せになってください!

 

 

そして自分と意見が異なるものを「敵」と思って憎み、つぶすためには権力を使って無茶をすることができる。「国民の敵」「テロリスト」「国家転覆の犯罪を企てている反逆者」というレッテルを張ってつぶす。そのために憲法を停止して内閣独裁できるように緊急事態条項を確立し、治安維持法共謀罪、監視システムを作り上げていく。今でも天皇制批判するデモには、右翼が違法な妨害をしても警察は逮捕せず、右翼によって異論を封じている。日の丸君が代に反対する教師をつぶす。教育勅語を暗唱させる右翼の学校を支えるために官僚を使って超安値で小学校を払い下げ学校を認可するといった違法なことを平気で行う。

TOKYO MXの「ニュース女子」での「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった? 過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」という番組でも平気でデマをたれ流した。

 

平気でそういうことが言えたりできたりするのは何故かと考えると、「自分が嘘・空虚な美辞麗句を吐いている」という感覚がなく、脳の中で自分の都合のいいように認識を曲げてしまっているからだ。

政治とは権力闘争で、勝たねば意味はない、そのために何をしてもよい、目的のためには嘘もデマも謀略も買収も恫喝もOK、という考えを持っているからだ。「汚いことをしてはいけない」というのは素人だと思っている。政治を知っている人ほどそう信じている。リアルな政治とはそういうものだと。

本当にそういう人がいる。左翼でもそういうことはあった。それが内ゲバ、武装闘争路線、爆弾闘争、党派内の権力闘争であったり、国家レベルでの粛清であった。

 

さらにその背景には、人としての倫理よりも自分が優位に立つことを優先する思考があり、自分に「本当の自信」「本当のおだやかさ(ピース)」がなく、人を信じれず、金や権力(主流秩序)にとらわれ、非暴力の在り方を知らず、少しの異論を自分への攻撃と思い、自分をよく見せなくては不安だというような感覚があるのだろう(だから指導者は孤独だ)。やるかやられるか。勝たねばならない。


自分の体面(名声、歴史名が残ること)や自己像に強い関心を抱き、自分は選ばれた優秀な人間だと思っているからひどいことが平気でできる。安倍など、祖父・父などを意識して、人前で必要以上に背伸びをして痛々しいほどだ。外国(北朝鮮、韓国、中国)なり日本国内の政治的な対抗勢力(組合、民主党、左翼、公務員)なり、なにかを悪者に仕立てあげ「日本・共同体・仲間との一体感」を得ようというゆがんだ愛国心的なものを持っている(国家幻想)。

f:id:hiroponkun:20170224235747j:plain

 

真に自分に適切な自信があって、未来志向なら、戦争をしないために、過去にもちゃんと向き合えばいいのに、小心者で対面重視で真の反省がないから、謝る勇気がなく怒られることを強く恐れるから、防衛反応的に、慰安婦問題で「強制性はなく商売だった」当事者を傷つけウソで誤魔化したり、他の国もしていたと言い訳をしてしまう。

主流秩序にとらわれて、アドラーの言う「優越コンプレックスと劣等コンプレックス」を持ってしまい、「日本は素晴らしい、他国を見下したい」とおもってまちがったことを平気で言ってしまう。

 

ナイーブな人なら、嘘をついた時に罪悪感や恥を感じたり動揺があるものだが、安倍などの政治家は平気で大胆に堂々と嘘をつけるのだから、政治家というのはサイコパス反社会性人格障害と近い、ある種の病気状態といえるかもしれない。政治観ゆえに自分と他人を騙したことも忘れ正当化できる人々。

DV加害者がゆがんだ考えを持っているがゆえにDVをしてしまうことと類似している。対策は、ゆがんだ考え(ゆがんだ政治観)を変えること、そのために加害者プログラムに通うことだ。


政治の闘争路線について暴力をどう評価するかは、時代によるとは思う。しかし、今の日本で、言えることは、今は非暴力こそが、「敵・主流秩序との対抗の路線」ということだ。だがこうした政治家は自分を病気と認識しないから、自分を変えようとも思わず、プログラム的なもの(自分の囚われを反省する学びの場)にも通わないだろう。非暴力を学ぼうとしないだろう。ヒトラーのように自分に酔って進み続けるから外部の力で止められるまでは止まらないだろう。
今はそういう時代だ。

 

だがどの時代にも、主流ではないが、ひっそりと、ちゃんと生きる人はいる。
極限状態でも、「態度価値」を生み出せる。そこに希望はある。

 

***
安倍とかがもし、本当は共産党社民党の様な気持ちだけれど、現実政治を考えると、自民党の中で現実主義的に一歩一歩改革していくんだというような哲学で、苦渋の選択で汚濁にまみれた選択の政治をしているなら、許せる。


しかし、安倍や橋下は本当に「人権派サヨク、リベラル的なもの」が嫌いで、その良さが本当にわからなくて、それと戦うのが快感になっているサイコパスなのだろうと思う。

f:id:hiroponkun:20170225000811j:plain

 


「政治観ゆえのサイコパス」と理解すると、いろいろ見えてくる。


サイコパスだから沖縄の人の心の痛み、心のきれいさが本当にわからない。まさに病気だとおもう。
慰安婦問題でも、非正規問題でも反原発運動でも同じ。安保法をめぐる安全保障・戦争問題でも移民問題でも同じ。
少数派の心のこもったうめき声などに心が動かない。

 


だからトランプのところに行って握手できるし、プーチンとも仲良くできる。
トランプは平気で、「昨晩のスウェーデンをみろ」といったが、昨晩、スウェーデンでは何もなかった。

 

ネトウヨをみていても、匿名で誰かをたたいてうっぷん晴らし。そこには病的なものを感じずにはいられない。単純に「愛国」と「反日」と言えばいいだけ。バカでもできる。森友学園と塚本幼稚園のうごきも同じ。

 

私はそれらは「サイコパスと近い」といえると思う。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

注:どんな概念も悪用するとまた差別にもつながる。発達障害、依存症などと同じく、病気の概念を何にでも使うことのマイナスは考えておかねばならない。しかしここでは、安倍などのその人の痛み感受性について理解するために、政治観ゆえのサイコパス的なものという概念を使った。

 

サイコパスとは≫
精神病質(psychopathy)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。
犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。 「良心が異常に欠如している、他者に冷淡で共感しない、慢性的に平然と嘘をつく、行動に対する責任が全く取れない、罪悪感が皆無、自尊心が過大で自己中心的」

脳内の器質のうち、他者に対する共感性や「痛み」を認識する部分の働きが、一般人とサイコパスとされる人々では大きく違う。そのため、罪を犯しても良心の呵責や痛みを感じない。
「100人に1人」の割合でサイコパスはいるという説もある。また社会的な地位の高い人にもかなりいるとも言われている。

 

 

◆参考映像
橋下 mediaを怒る姿勢はトランプと類似
https://www.youtube.com/watch?v=WDTRLgf8V0s

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞