ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

森友学園問題(17)


●安倍首相が100万円、瑞穂の国小学校建設に寄付していた
教育勅語を使い、外国を差別し、文書偽造による補助金搾取、詐欺、虐待など次々、問題が指摘されている幼稚園、保育所を運営している森友学園の小学校を夫婦で応援するとは、安倍首相は、その責任を取って辞めるべきである。

 

f:id:hiroponkun:20170316185150j:plain

 

 

●松井知事の言い訳―――責任の擦り付け合い


大阪維新の責任が明確になりつつある中、松井知事が何とか責任を逃れようと以下のように、財務省のせいだといっている。
松井「(大阪府が認可適当とした背景として)国の国有地売り渡し審議会にかけるために、大阪府として見込みを発表してくれと言われたので認可適当とした。あえて国から大阪府の私学課に何度も(官僚が)足を運ばれて(頼まれたからそうした)。(大阪府は、)本当に国が土地を(森友に)売るなら、大阪私学課としては、認可を出しますよということで(協力した)」
松井は以前は、私学審が決めたことだし、教育長が決めたことと逃げていた。然し実質は松井の意向で大阪では通した。

松井の言い分は半分正しい。国が動いたのはほんとうだろう。だが維新も積極的に動いた。認可適当と出したからすべてが動いていった。国が土地を売るからというが、形式的には国が課したり打ったりしていない段階で、認可適当と出したのは大阪府、松井知事。維新の責任は逃れられない。

 


大阪府私学審議会会長・梶田氏の言い分


松井知事とともに、私学審で強引に認可にもっていった梶田は、いまになって言いわけしている。
森友学園大阪府事務局(私学課)が調整して、私学審には認可基準に合致するような資料しかでないようになっている。だから我々はそれを信じて認可相当とした。行政のスタッフが書類が正しいかどうかなど調べるべきもの」

しかしこれは責任のがれ。会議で疑義も出ていたのに、怪しいところを条件付き認可相当と業因にしたのは梶田だから。松井知事の意向をくんで動いていた。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞