読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

筒井康隆氏、慰安婦像へ「慰安婦像の前に行って射精しザーメンまみれにしよう」と馬鹿なツイート

 

筒井康隆、御年のせいでおかしくなったのか、思想のせいで言ってしまったのか、兎に角、まともな人間が言わないようなことを言っていなおっています。「長嶺大使がまた韓国に行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。」という意識の上でそれへの批判的行動の意味で書いているので、実はボケたのではなく、確信犯です。長嶺大使が4月4日夜、85日ぶりに韓国へ帰任したことを受けての発言で、右翼の感覚と同じ。

f:id:hiroponkun:20170409024932p:plain


世界的な水準で考えられなくて、取りまきのなかだけで生きてきたから、過去の「てんかん」発言と同じで、少しくらい批判されても、別のところからは「筒井らしい」と喝さいも浴びていいだろうぐらいに思っているんでしょう。


注:筒井氏は過去には、教科書に載った小説「無人警察」のてんかんに関する記述が、「差別を助長する」として日本てんかん協会から削除や訂正を求められたことに反発。「自分はブラック・ユーモアの文学的伝統を守ろうとしている」などと反論、1993年に「断筆宣言」をしたが、約3年後に断筆を解いた(朝日新聞記事より)。

 


でもね、それは馬鹿です。外国に行って、その発言を説明しても、誰も理解も賛同もしないで、「おかしな人だ」と思うでしょう。「おかしい」というのはクレイジーで近づきたくない、異常な人、極右的で暴力をしそうな、まともでない人」という意味です。
外国語で説明して通じないということがわからない、この時代からずれたとんちんかんさ。

この筒井の発言はヘイトスピーチであり、差別発言です。謝罪し償っていくことをしないと今後公的な場には出られないレベルのものです。

 

なのに、日本のマスメディアでは、全面的に正面からこの発言を差別発言だとは問題にしていないようです。政治の場でも、「筒井さん、発言に慎重になってください。そうしないと国際問題になります」と苦言を呈すべきものでしょう。


ネットでは「これが筒井さんらしいんだ」と擁護する意見まであります。

放置すれば、其れは日本の人権感覚はこんなものだということで、さらに世界中で馬鹿にされ、慰安婦像が増えて、日本の慰安婦問題への差別対応が糾弾されていくでしょう。
なぜそれがわからないのか?

 


愚かすぎます。これが「戦争への道」です。地獄への道に向かっているのに、下(国内の同類)しか向いていなくて気づいていない。タイタニック号です。

 

そうおもっていると、やはりすぐさま外国から批判や出版停止がきました。日本的主流秩序にどっぷり詰まっている人は、外国が大騒ぎして初めて、えっ、そんなに問題なのと動揺します。より馬鹿な人は居直って、国際社会がおかしいといいます。国際連盟脱退を堂々としたぜ!という感覚と同じですね。

 


北朝鮮差別が日本はひどいですが、その人にわかるように言うと、「北朝鮮がミサイル発射で国際非難を浴びるのと同じことを、日本政府や橋下などの政治家や筒井は慰安婦問題で行っていて国際非難を浴びているんだよ」ということです。

自分が嫌っているものと自分が同じだとわからないのは、知性がないということです。


***********
内容確認


● 作家の筒井康隆氏(82)が自身のブログとツイッターで、韓国の慰安婦を象徴する「少女像」に侮辱的な性的行為をするよう呼びかけるようなことを書いた。


●具体的には筒井は、自身の公式サイト「笑犬楼大通り」内の日記「偽文士日碌」の4月4日付け記事と公式ツイッターに以下のように書いた。
「長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、ザーメンまみれにして来よう」

f:id:hiroponkun:20170409025112g:plain

 


●公式ツイッターのほうはその内容を削除したが、ブログの方はそのままにされている(4月9日2時時点)。


●筒井氏は朝日新聞の取材に対し、「あんなものは昔から書いています。ぼくの小説を読んでいない連中が言っているんでしょう。本当はちょっと『炎上』狙いというところもあったんです」と発言していなおった。


●ネット上では「筒井さんの作風」「こういうのを面白がるのが筒井の真骨頂。」「社会的なタブーをあえて破る表現で論議を起こしてきた彼の言動のひとつ」「あれで平常運転」 「筒井康隆さんらしい発言」「「慰安婦問題とはかく論じられるべきである」という同調の雰囲気を皮肉った」と擁護する声がある。

 

 

●韓国紙の朝鮮日報日本語版は4月6日夜、「慰安婦筒井康隆氏が衝撃妄言、少女像を性的に侮辱」などと批判。「筒井康隆氏が、旧日本軍慰安婦を象徴する少女像を性的に侮辱する衝撃的な妄言を発した」、「筒井康隆までこんな発言をするとは、日本は狂っている」「作品がどんなに素晴らしいのか読んだことがないから分からないが、このような失言は準強姦に当たる深刻な失言だ」といった「日本人ネットユーザー」による批判を取り上げた。

f:id:hiroponkun:20170409025347p:plain


●韓国のテレビ局「YTN」も6日付けの電子版記事で、「『時をかける少女』原作者、少女像へのセクハラ物議」、「衝撃的な妄言で『慰安婦少女像』を侮辱しました」と報じた。


●主要紙・中央日報は「感性豊かな色彩と美しい叙事で韓国でも人気を呼んだ『時をかける少女』の原作者が、とうてい口に出すことができない言葉で少女像を侮辱した」と伝えた。


●韓国の出版社「銀杏(いちょう)の木」は4月7日、筒井康隆氏のツイッターの書き込みに「失望した」として、同社が翻訳出版している筒井氏の小説「モナドの領域」を販売中止にしたと発表。出版を予定していた小説「旅のラゴス」についても、日本の著作権会社などに契約解除を通知した。 同社はホームページで「筒井康隆氏の文学的な成功とは別個の、韓日関係と歴史をめぐる作家個人の視点に大きく失望した。作家としてだけでなく、一人の人間としての態度と資質に憤りと悲しみを覚える」との談話を発表

 

●筒井氏を支持する人がいる現実
以下の、古谷氏のような、ネトウヨレベルの思考しかできない人がいる。「これはネトウヨではない」「そろそろ日本人の忍耐も限界だぞ、とのワーニング(警告)としての効果がるからよい」といって筒井氏を支持するような人がいるなさけない状況です。


例: 木走正水(きばしりまさみず)「筒井康隆氏の慰安婦像に対する「衝撃的な妄言」を支持する」2017年04月08日 08:33
古谷経衡「筒井康隆氏の「慰安婦像ツイート炎上事件」をどう捉えるべきか?」
https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20170407-00069625/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

私の関連ブログ

日韓合意について、NHKの全くわかっていない反動番組について以下に書きました。
2017-03-17
NHKクローズアップ現代+「“少女像”問題」のひどさを確認するーーその1 (全4回)
http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2017/03/17/234158
http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2017/03/17/235854

http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2017/03/18/003306

http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2017/03/18/005443

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞