ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

意識の差

意識の差

今の自分では・・・という感覚なのだが、昔は・・だとか、相手によっては・・もあるとかがあるだろうなと思う。マンガが好きとか趣味とか、接している世界、見ているものによっても違うだろうと思う。

私が接する男性でもいろいろで、ある程度は言えるが、上から目線で決めつけはできない。

 

大きく言えば日本や韓国はまだ古いジェンダーが強く、女性の頭を撫でたり、俺様系の男子、一部女性もそれを好む、当たり前という文化がある。

韓国ドラマで、男性が女性のくつを結ぶとかはかせるときゅんとするというのや 強引に女性の手をひっぱって連れていくことが許される、がよく出てくる。

 

時代が変わればおかしなことと思われるだろう。

 

 

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00000023-the_tv-ent

菅田将暉の“頭なでなで”に「喜ぶのは20代まで」と手厳しい評価

ザテレビジョン 4/18(火) 11:10配信

 

 

菅田将暉

4月17日放送の「キスマイBUSAIKU!?」で菅田将暉の“ブサイク”な一面が明らかになった。 【写真を見る】菅田は女性の「今日も飲んじゃったね」という台詞にも“胸キュンワード”を返せなかった 菅田のほか、間宮祥太朗竹内涼真、志尊淳など映画「帝一の國」に出演するイケメン俳優とキスマイメンバーが「年上女性をキュンとさせる言葉」で対決し、30代~40代の一般女性が台詞だけでランク付け。

 

「飲み友達なのに男を意識させる一言」では、女性の「今日も飲んじゃったね」という台詞に「それ昨日も言うてましたよ。明日は俺が言うわ」と胸キュンしない意味不明な発言をした菅田に、

「言葉が足りない!」とゲストのいとうあさこがダメ出し。

1位を取る自信があると言い切っていたが、ランキングでも最下位となった。 また、「年上ということを一瞬で忘れる一言」というテーマで、

そんなん気にしてるの?可愛い。いい子いい子」と頭をなでた菅田

 

これは胸キュンかと思いきや、「(頭なでられて)喜ぶのは20代まで」という辛口コメントにいとうも頷き、“ヤバイ”の5位というさんざんな結果に。ゲストの平野ノラも「合コンで同じことされた時、腕を取って関節キメた」というエピソードを披露し、追い打ちをかけていた。

 

一方、2つのテーマで上位に食い込んだ竹内。「~男を意識させる一言」では「次いつにします? 決めた方がそれまで頑張れるんで」と、精一杯のアプローチが込められた台詞に「男を頑張らせることができる、そんな女になりたい!」と平野のテンションが上がり、「~一瞬で忘れる一言」では、「歳は関係ないでしょ。俺今めっちゃ幸せだよ」の“めっちゃ”を入れたことをいとうが評価、「一生懸命、夜中まで考えた甲斐がありました(笑)」と満足げに語った。 次回の「キスマイBUSAIKU!?」は4/24(月)放送予定。

広告を非表示にする