ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

また論点をずらして安倍擁護ばかりの高橋洋一


安倍信者の一人、高橋洋一。特区問題でも利害関係者で、利益誘導している人物。 これについてはすでに以下のブログで紹介。 2017-06-28 高橋洋一氏は実は、加計学園獣医学部の認可関係者だった http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2017/06/28/183059

八田とか、竹中平蔵とか、民間委員というのは怪しい奴ばかり。 f:id:hiroponkun:20170801025351p:plain

その高橋洋一が、えらそうにーーーこの人の話し方はいつも偉そう、さすが元官僚――――以下の記事で、また論点をずらして安倍政権を擁護している。 ********** https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170724-00010000-voice-pol 高橋洋一 森友・加計問題はフェイクニュース 7/24(月) 12:10配信

**********

高橋は、「もりそば問題の発端は事務チョンボだ。それだけのこと」「総理の関与があると思ったのが間違い」「マスコミも野党も目の前のことにまどわされている」という。しかしそれはほんの一部の原因にすぎない。つまり問題全体を矮小化し、安倍政権に火の粉が及ばないように防御している。 それに皆がだまされると思ってんのかねえ。ばかだねえ。

  高橋は、「森友の買った横の土地では土中のゴミが発見されている。それにもかかわらず、この事実を知りうる立場のはずの財務局は、森友学園への売却では当初、その事実を相手方に伝えていない。ここが問題の本質だ。」それだけだとわめいている。

しかし、背景には右翼・日本会議・維新の議員や業者がいて、それに協力して大阪府(橋下、松井)が規制緩和した。さらにその背景には国家主義的な教育をすると言うことを応援しようとした人たちがいて、安倍 昭恵夫人も100万円も出したし多いに協力していた。右翼的な論者が多く講演していた。ひどい教育を園児たちに行っていた。籠池に悪知恵を入れたものが多くいた。安倍は昭恵夫人が100万円渡したのを知っているのに、ウソをつき続けさせている。だから首相も政治家もやめないといけない。 なかでも官僚の責任が大きいので、官僚を処罰する、逮捕するというのが大事。高橋の意見がそれを言うならまだましだが、それは言わない。近畿財務局のせいにしていいたいのは、「総理の関与」ではないということだけ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ また高橋は、加計学園問題でも、首相、安倍政権の責任にならないように必死に言っている。

「 加計学園問題では、文科省文書の信頼性がポイントである。マスコミや野党では文科省文書が正しいというのが大前提になっている。  ところがこの大前提は、国家戦略特区ワーキンググループの議事録というベンチマークを検証することによってあっさり崩れる。この議事録は、文科省内閣府が内容で合意済みの文書である。マスコミが話題にしている文科省文書はあくまで文科省内の文書であり、内閣府はチェックしていないので、この点において、議事録のほうが圧倒的に証拠能力が高い。」

このような話で、正当化しているが、特区ワーキンググループの議事録など出来レースでもうすでに批判されている。加計学園をずっといぜんから前提にはなしをすすめてきたということが問題。

しかし高橋は、「 マスコミは、これらの文書に言及しないで文科省文書のみを取り上げ、思い込みだけで報道している。これでは報道ではなく、フェイクニュースである。」 というように、とランプと同じく、フェイクニュースだと言い出した。

 「まず1)と3)を見れば、内閣府・特区有識者委員VS.文科省農水省)による規制緩和議論は、前者の規制緩和推進派の完勝であることがわかる。野球で例えるならば、前者の10対0、5回コールド勝ちである」

というが、そんなことが問題ではないのである。規制緩和推進がいいかどうかではなく、加計学園ありきでむりにすすめたからだめなのだ。 つまり、高橋自身が問題の所在が分かっていない、あるいは意図的にずらし隠している。 規制緩和賛成・正反対のどっちが勝ったかという視点でしか見れないのはゆがんだ認識だ。

期限を早く決めること自体が加計学園ありきだ。 「「総理の意向」が出てくる余地はまったくない。」というが、総理の意向でなくても加計学園ありきだったらだめなのだ。

安倍のお友達や応援団や腰ぎんちゃくや安倍信者ばかりをメディアに出させるのはもうやめたらいい。