ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

『沈黙-立ち上がる慰安婦』

朴壽南監督の最新作『沈黙-立ち上がる慰安婦ができて、

11月より、各地で『沈黙』の上映が行われるとのことです。

維新が減って立件民主党が躍進したのはいいですが、改憲勢力が大幅に増えて暗黒社会化が進む状況です。 主流秩序野問題だらけです。

政治だけで社会が決まるわけではありません。

そういう中で、一つ一つの問題をちゃんと見極めることが大事です。慰安婦問題はその一つです。沖縄問題も、原発も、非正規問題も、財政再建も。いい加減な事だらけの政治の中で、ちゃんと自分の頭で考えて生きていきましょう。

○『沈黙・立ち上がる慰安婦』上映のお知らせ

◎京都上映

2017年11月19日(日)14時より  龍谷大学深草学舎・和顔館2階  ●朴壽南監督トークあり

大阪府

2017年11月23日(木・祝)15時より 大阪市生野区KCC会館(大阪市生野区中川西2-6-10) 11時~韓国映画『鬼郷』上映 / 13時~未来のための歴史パネル展 15時~『沈黙-立ち上がる慰安婦』上映 ●朴壽南監督トークあり 

【京都・大阪問い合せ先】コリアNGOセンター TEL 06-6711-7601 E-mail center@korea-ngo.org

福井県 2017年11月26日(日)1回目14時~/ 2回目19時~ 福井県おおい町里山文化交流センター“ぶらっと”ホール 【問い合せ先】下西(090-6815-9930)

◎東京・劇場公開 2017年12月2日(土)~アップリンク渋谷  12月2日(土)初日、朴壽南監督舞台あいさつ。 12月3日(日)『沖縄のハルモニ』(79年、16mm )特別上映

スペシャトーク「二人の監督が出会った沖縄のペ・ポンギさん」 朴壽南監督&山谷哲夫監督 その他期間中、ゲストを迎えトークショー予定 前売り券絶賛発売中!1100円(ご購入は劇場窓口・アリランのうた製作委員会)

◎大阪・劇場公開 2018年新春より 大阪シネ・ヌーヴォ

監督:朴壽南(パク・スナム)2017年/ 117分 / カラー/ HD /日本・韓国 12月2日(土)~アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー! 【予告編】https://www.youtube.com/watch?v=5Fk-4tmZoD8

製作・配給:アリランのうた製作委員会(朴) 電話 090-6867-3843 mai.park@gmail.com 宣伝お問い合わせ スリーピン(原田) 電話 090-7903-8534 haradaru@gmail.com 【公式サイト】https://tinmoku.wixsite.com/docu

『沈黙-立ち上がる慰安婦』 ◎2016 第8回韓国DMZ国際ドキュメンタリー映画祭 特別賞<勇敢な雁賞>受賞 ◎2016 第18回ソウル国際女性映画祭 正式出品 ◎2016 第21回SHINTOKU「空想の森」映画祭正式出品 ◎2016 第9回ソウル老人映画祭 正式出品

【作品の内容】 李玉先(イ・オクソン)さん(90歳)は、韓国政府登録の日本軍「慰安婦」生存者35名(8/30現在)の一人。

李さんは今から20余年前、半世紀の沈黙を破り1994年14人の仲間と日本政府に公式謝罪と個人補償を求めて立ち上がった。 彼女達は韓国支援団体から独立し<被害者の会>を結成。3年に渡り来日し「アジア平和国民基金」への抗議、記者会見や 集会で日本軍の犯罪を証言し果敢に運動を繰り広げた。91年に沖縄戦朝鮮人強制連行の実態を『アリランのうた-オキナ ワからの証言』で描いた在日朝鮮人2世の女性監督朴壽南は、沖縄戦の元慰安婦に光を当て、90年代立ち上がった被害者達 の闘いに寄り添い一人一人の恨(ハン)を記録。その大半が亡くなった今、密着映像には日韓両政府の「決着」で置き去 りにされる当事者の肉声と生き生きとした姿が溢れる。日本軍による性奴隷の生き地獄から立ち上がった被害者たちの 尊厳を現存者の李さんの人生と共に描き今を問う、渾身のドキュメンタリー。映画祭版を更に拡大し日本公開版がついに 完成!

【朴壽南公式サイト】 http://nutigafu.wix.com/park-soonam

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞