ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

著名な市民運動の活動家の入国を拒否

坂井貴司さんからの情報。  転送・転載歓迎。


   断固とした安倍政権批判報道を行っていた「人民新聞」の編集長がでっち上げ の詐欺罪で逮捕されました。  安倍政権は言論弾圧に乗り出した上、今度は著名な市民運動の活動家の入国を 拒否しています。

 民主労総の創立メンバーの一人であった韓国の著名な市民運動の活動家ホ・ヨ ングさん(アジア共同行動韓国委員会代表)が今日24日、関西空港から日本に入 国しようとしました。ところが関空の入国管理局はホ・ヨングさんを長時間事情 聴取した上、入管法第5条1項の4(第4項か?)に該当するとして入国拒否を通告 しました。

 私は2007年から郵政産業労働者ユニオンの郵政訪韓団の一員として毎年11月に ソウルを訪れてきました。韓国側で受け入れをしてきたのがアジア共同行動韓国 委員会代表のホ・ヨングさんでした。韓国の労働、市民運動、政治、経済状況の レクチャーの他、運動現場の案内、さらには宿の手配までしてくださいました。 ホ・ヨングさんのおかげで、郵政訪韓を行うことができました。マスコミが報じ ない韓国の民衆運動の息吹を知ることができました。

 恩人と言えるホ・ヨングさんを、安倍政権は入国拒否しています。

 現在、ホ・ヨングさんは関西空港にいて異議申し立てをしています。しかし、 このままでは強制送還されかねません。  もしそうなれば、これが先例となって、世界中から日本へ来日しようとする市 民運動や労働運動の活動家が入国拒否、強制送還されるでしょう。ノーベル平和 賞を受賞し、現在も活動を続けているマララさんも、日本に入国できなくなる可 能性があります。

 私は入国管理局に対して、ホ・ヨングさんの入国を即時認めるよう求めます。  そして、カネを落とす観光客は歓迎しても、市民運動、労働運動運動の活動家 を追い返す安倍政権のご都合主義を強く弾劾します!    坂井貴司