ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

『週刊金曜日』が特集記事 「慰安婦」日韓合意から2年 誰が解決を妨げているのか

これは見ておく価値があると思う。

f:id:hiroponkun:20171201033450j:plain

週刊金曜日』11月24日(1162)号 特集 「慰安婦」日韓合意から2年

誰が解決を妨げているのか

慰安婦」日韓合意からまもなく2年。日本軍の性奴隷となった被害者を置き去りにした"政治的合意"は、むしろ真の解決を遠ざけている。この間の日本のマスコミ報道もまた、「少女像撤去」や「合意」を前提とし、「合意」を批判する多様な意見を伝えてこなかった。その結果、「合意行き詰まりの原因がもっ ぱら韓国側にある」という偏った見方が繰り返し報道されている。

一方この間、今年6月には国立公文書館にあった「慰安婦」強制連行をめぐる資料について、政府が「ご指摘のような記述」があったと、紙智子参議院議員質問主意書に対して認めた。

7月には韓国ソウル市とソウル大学人権センターが米国立公文書記録管理局で、朝鮮人慰安婦」を撮った動画を世界で初めて発見。さらに今回、ジャーナリスト・今田真人氏の調査で、「慰安婦」をめぐる生々しいやりとりを記した公文書12点が外務省のお膝元、外交史料館で新たに発見され、本特集で初めて紹介される。

今月16日には国連人権理事会が日本に謝罪と補償を求める勧告を出し、世界各地で「少女像」の設置も相次ぐ。真の解決を妨げているのは、 事実から目を背けようとする日本側の姿勢にあるのではないか。

•安倍政権に迎合する日本マスコミの「合意」報道を問う:岡本有佳

•「政府答弁書」を引き出した紙智子参議院議員共産党)に聞く

•世界初の朝鮮人慰安婦」動画の発見〜「動画」が彼女たちに息を吹き込んだ:康誠賢

•外務省と在中国日本領事館が生々しいやりとり〜外交史料館から新たな「慰安婦」文書12点発見:今田真人

•世界各地に広がる「慰安婦」モニュメント〜香港「そごう」前に新たに少女像:和仁廉夫

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞