ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

MBSの斎加さんが「教育と愛国~教科書でいま何が起きているのか」で、ギャラクシー賞を受賞

 


毎日放送TVディレクターの斎加尚代さんの「教育と愛国~教科書でいま何が起きているのか」が、ギャラクシー賞を受賞したということです。


前には、ジャーナリスト会議(JCJ)賞も受賞していたそうです。

 

斎加さんは、橋下(大阪維新等)に対して果敢にちゃんと批判的に取材をした数少ないメディア人です。多くのメディアが維新になびいた時に、ちゃんと国旗国歌強制問題などでもそのおかしさを指摘する質問をして、ぶら下がりの記者会見で橋下が怒り狂って攻撃した、その対象者です。ネトウヨは橋下が勝ったといっていますが、安倍と同じく論点はぐらかしで威圧的に抑え込んでいるだけで、明らかに橋下の異常さが分かる対決でした。あの橋下ブチギレ会見の映像は、未来永劫、橋下の正体を示すものとして残るでしょう。

 

 

彼女は、沖縄への攻撃問題も取材し、AIBOの動きも取材し、「館長雇止め・バックラッシュ裁判」も取材し、フェイクニュース的なものやバックラッシュに対抗する報道をしてきました。


MXテレビのDHC「ニュース女子」が沖縄の運動をヘイト的に批判したことに対して、「ニュース女子」がいかに歪んでいるかを取材したMBSドキュメンタリー映像'17「沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔~」を作ったのも、斉加ディレクターです。

 

斉加尚代ディレクターは「学校の先生たちがここ数年、とても息苦しさを感じているとの声を聞き、教育現場で何が起きているのかという問題意識から取材を始めた」とし、「『反日』という言葉がいつのまにか私たちの暮らしの奥まで来ているということを取材で痛感した」と述べています。

 

彼女は、バックラッシュを取材し、日本会議系の北川悟司市議会議員や西村眞悟衆議院議員からその本音を引き出して、右翼の正体をあぶりだしました。

 

参考
■おめでとう斉加尚代TVディレクター!

https://frihet.exblog.jp/29528604/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞