ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

キーパーの責任を言わない変な空気

 

 

ワールドカップでの日本とベルギーの試合は素晴らしかったと思う。2点取ったところまでまではとてもよかった。

 

しかしそのあとボールをキープするという方針をとれずに、バタバタして、そしてキーパー川島が痛恨のミスをして流れが変わった。

 

だが日本メディアではこの1点目の川島のミスを全然指摘していないようだ。

おかしなことで、日本社会のヘンさがここにも出ているように思う。

 

内向き日本。「我が国」という悪しき共同体主義で、排外主義的。異論を認めない。「ニッポン、ニッポン」ばかりの空気の反映という面がある。

 

みんなが頑張ったから、個人を責めないでおこうというような感じかもしれないが、それはチームメイトならわかるが、解説者やファンは自由にもっと論じてもいいだろう。

 

川島はひどすぎた。 ポーランド戦での失点も前に出ていくべきだった。川島はあまりに前に出るべきところで動かなすぎる。1、2戦目だけがだめだったのではない。

 

だから川島を使った西野監督の失敗ともいえる。

 

ベルギー戦で、コーナーキックからベルギー選手がヘディングでぽわーんと折り返すと、川島はすぐに動けず見送ってそのままゴールとなった。かなり距離もあった(12ヤードくらい)

完全に川島のミスだ。レベルの高いキーパーなら得点にはさせない。