ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

優勢思想 杉田議員はナチス

 

 

 

NHkでやっていたドキュメンタリーTV「私は生みたかった 旧優生保護法の下で 」がよかった。まともに扱っていた。

 

(今晩再放送あり)

 

私は、1070年代後半に学生で障がい者放研究会に所属していたこともあり、そのころにすでに優勢思想反対、羊水チェックによる堕胎当然視のおかしさ批判、強制不妊手術批判はあったのに、

「当時はしかたなかった」「善意で本人のためによかれとおもってやった」というようなことを言う人がいるのに違和感があった。

 

この番組では少し当時の運動も紹介していてよかった。昔からそういう意見があったということを知ることが大事で、何時の時代もちゃんとした意見はあるのに、無視していたものは責任を問われないといけない。

 

16000人以上の人が強制的にこの手術を受けさせられた。一部の人がようやく立ち上がって裁判が始まっているが、許せないのは、国が謝罪と保障しようとしていないことだ。
当時かかわったものを全員、裁判で有罪として償わせてこそ、,無責任体制は変わるが、今回もまた責任逃ればかり。

 

 

そんな中、安倍・子飼いのトンデモ議員、極右思想のバックラッシャー自民党杉田水脈(みお)衆院議員の暴言問題。


これがどうして辞職問題にならないのかとおもっていたら、やはり辞職要求が出てきた。これが大きくなって是非辞職に追い込みたいものだ。


性的少数者が「生産性がない」というのは優性思想に他ならない。
杉田はまさに50年前の感覚のままのナチス的人間でしかない。


自民党では本当にダメだ。

安倍を支持する人の人権感覚のなさには嫌悪感を覚える