ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

小学校長の松井市長への「提言」前後

 

維新御ひどい教育介入、そしてとくにコロナ禍での「オンライン授業にしろ」という松井市長の無茶苦茶な方針のしつけ、そんな中、オンライン授業は中止というようになりました。

 

大阪の志水さんという方の「まとめ」を紹介しておきます。

*****

 

木川南小学校久保敬校長が松井大阪市長に当てた提言前後のことを事実経過を中心にまとめてみました。

 

〈1発端〉

 ことの発端は、419日記者会見で松井市長が、何の権限もないにもかかわらず緊急事態宣言が発令された場合、大阪市立の小学校と中学校を原則オンライン授業に切り替える意向を示したことです。マスコミは一斉に報じ、学校現場は不安に陥りました。

2021.4.19記者会見

https://youtu.be/KQ9BfK51dqk

大阪市立小中学校、宣言発令なら原則オンライン授業に(日経)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF1944K0Z10C21A4000000/

 

〈2大阪市教委の奇妙な方針〉

 422大阪市教育委員会が小中学校に通知した方針は何とも奇妙なものでした。小学校は、2限目までオンラインやプリントで自宅学習を行い、登校後4限目のみ教室での「指導」、給食を食べたあと帰宅させる。中学校は、午前中は自宅でオンラインやプリント学習、登校して給食を食べたあと、教室での「指導」を行うというものでした。大阪府内の他の小中学校は、通常通り授業を行うことが通知されるなか、大阪市の小中学校だけが「通常授業」ができないことになったわけです。

 

〈3現場は大混乱〉

 425日緊急事態宣言が発出され、翌26日から、この奇妙な方針を実行することが求められた大阪市の小中学校では大混乱が起こります。

 一部ですが生の声を紹介します。中学生からは、「緊急事態やのに給食を食べる意味がわからん。不正会食?じゃないのか」「去年の分散登校でいいんじゃないのか」。保護者からは、「オンラインも、通信テストして以来全く進んでいません」「保護者、子どもでさえも中途半端な事してるなーってわかってるのに上の人達は何故それがわからない?って疑問です。しかも大阪市だけこのスタイル…この大阪スタイル、ほかの自治体から馬鹿にされてる事気付いてないの?って言ってほしいです」「小学4年生男子の保護者です。オンラインテストではログインすら出来ていない子がたくさんいたように思います。すぐにログイン出来た子は持て余し、ログイン出来ない子は苦戦してるのか諦めモードなのか…とても授業が成り立つには程遠い感じでした」。

 そして教員からは、「3時間目から登校して給食を食べて5時間目までの3時間授業です。国語や算数などの授業をしていても時数計算は全て特別活動の時数で計算せよと、わけのわからん指示が教育委員会から出されました」「うちで(タブレットが)配布されたのは今年の4月で、子どもたちは、ほとんど触れることなく、緊急事態宣言に入りました。低学年の子どもは、IDとパスワードの入力だけで、たくさんの時間がかかり、操作どころではありませんでした」「teamsの接続テスト、ネット環境がない生徒への対応、予備の接続テストなどに追われ、教育に充てる時間がない。学校がお客様サポートセンターのようになり、明らかに教員の業務の枠を越えている。もちろん、去年から準備はしていたが、それでもこの状況」。

 つまり、大阪市の小中学校ではハード面でもソフト面でも「オンライン授業」の基盤は整っていないにもかかわらず、その実施が求められたわけです。小中学校の中には、子どもの現状や保護者の希望から、子どもの登校を朝から受け入れるところも出てきました。

※ブログ「子どもを追いつめるな!市民の会」

緊急事態宣言下の大阪市の学校は?!

http://no-testhyouka.cocolog-nifty.com/blog/2021/05/post-b6f01b.html

 

〈4教育委員会会議で出た驚くべき内容〉

 511日開催の大阪市教育委員会では、事務局の報告に約40分の質疑応答が行われました。委員から、“4月中教育委員会議が開かれなかったため、大阪市の方針(オンライン授業や給食)をテレビニュースで初めて知ったという事実にも驚きました。また、ここで文科省の見解では、オンライン授業は、授業時数としてはカウントできないこともわかりました。

2021.5.11大阪市教育委員会会議動画

https://youtu.be/_wb0vFaDvog

 

〈5知らなかった松井市長〉

 513日松井市長は記者からの質問になんのためにオンライン授業をしてきたか、授業時数としてカウントされないのはおかしい。今日にでも萩生田文科相に電話すると回答しましたが、文科省が、現時点で教員の立ち会いのないオンライン授業を「授業」として認めるとは思えません。このニュースに学校現場はますます疲弊していきます。

2021.5.13松井市長記者会見書き起こし

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b0b028129672b2b33305ca560d7e4f112de94b4?page=3

※同上文字起こし

https://news.yahoo.co.jp/articles/f411d4dbd5a840c9a3005437e022582c8aed9bf9?page=2

 

〈6現職校長の提言〉

 その最中に大阪市立木川南小学校久保敬校長が松井市長に「提言」を出したことがわかりました。私が知ったのは517日でしたが、正直感動しました。大阪の学校現場で長年携わってこられた方ならではの視点からやむに止まれず書かれたことが伝わってきました。翌18日には共同通信がこのニュースを取り上げ、ヤフーニュースでも掲載され多くの人が知ることになりました。

2021.5.18yahooニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/0a02728a512af57721ab28ab434595528a82e515

 

〈7弾圧のはじまり〉

 すると、何が起こったか?!519大阪市教育委員会は久保校長を呼び出し事情聴取を行いました。それがわかったのは、520大阪市会教育こども委員会で、大阪維新の会杉村幸太郎委員がこの件について質問したことによります。事務局は、事実関係の調査中であると断りながらも、大阪市職員基本条例4条、地方公務員法33条を持ち出し、一般論として懲戒処分の可能性もあると示唆しました。

※ブロググループZAZA

現職校長から大阪市長への提言ー大阪市会教育こども委員会における質疑応答

 

〈8弾圧は許さないーー支援の声広がる〉

 久保校長に「処分」?!ーー絶対に許せないという声が次第に広がり大きくなっていきました。また、久保校長とともに人権教育を担われてきた方からは、携帯ショートメールによる「提言」賛同署名も始まっていました。

 

〈9松井市長の反論〉

 520日記者会見で、松井市長は自らの教育観を述べ、久保校長については「社会人として外に出たことがあるのか」「ルールに従えないなら、組織を出るべきだと思う」と批判しました。

2021.5.20 松井一郎大阪市長 囲み会見

https://youtu.be/aNa2EN7osnU

※上記より抜粋(23秒)

https://twitter.com/senseiwakame/status/1395990755957633026?s=21

 

〈10朝日新聞、大きく報道〉

 521朝日新聞朝刊は、この件を大きく取り上げました。また「提言」全文も掲載しました。全国から久保校長の提言に賛同し、支援の声が集まっています。

※ 「学校は混乱極めた」 現職校長、実名で大阪市長を批判

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb11429d3463b5af3cf97ca88ae613e16f775b4f?fbclid=IwAR1RyyjQMsFAuqB6VwfT1C8YAKQuVdbx17VLA41hu29CVu5_nEGr7bjKq7s

大阪市立木川南小学校・久保校長の「提言」全文

https://digital.asahi.com/articles/ASP5N6KWMP5NPTIL00R.html?fbclid=IwAR2gor1f3QWHkbX4rfsREQCwEI6iYMXLJTVlsqS_4P929KzYEOuy3BDR1IM

 

〈11萩生田文部科学大臣も発言〉

ついには、萩生田文科相も、21日の閣議後会見で、この件について聞かれ、「(校長から)不具合があったという報告であれば、耳を傾けて改善したらどうか」と市側に促すことになりました。

文科相大阪市側に「耳を傾けて」校長らの『学校現場は混乱を極めた』提言に対し

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210521/GE00038405.shtml

 

〈12賛同・支援の声大きく広がる〉

 そして、大阪では、久保校長の「提言」に賛同し、大阪市立中学校校長が自らのフェイスブック(公開設定)で、賛同者の声を松井市長に届けると呼びかけておられます。すでにTwitterにおいて「#木川南小学校校長を支持します」は6万件を超えています。

 

〈13「提言」に応えるために〉

 今回の件は、オンライン授業の強制をきっかけとして起こったことですが、提言をお読みいただければおわかりいただけると思いますが、現在の大阪の公教育が果たして子どもの学びを保障し、未来につながるものであるのか、という現場からのまさに私たちへの「提言」であると考えます。この問題は今後も続きますが、今、私たちがしなければならないことは、久保校長を「弾圧」から守り「処分」をさせないことだと思います。そして、大阪の子にとってどのような公教育が必要なのか、私もこの提言を真摯に受け止め考えていきたいと思います。(以上)