ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

オリンピック災害おことわり連絡会 反五輪の会の声明

 

オリンピック災害おことわり連絡会 反五輪の会の声明

 

<声明>水戸、武蔵野ー「聖火」リレー抗議者への不当逮捕に抗議する!

 

オリンピック・パラリンピック弾圧を許さない!五輪を即時中止せよ!

 

梅雨明けと同時に猛暑、4度目の緊急事態宣言下の東京では、連日1000人を超え

るコロナ感染者数、コロナ・パンデミックのど真ん中にある。

 

まさに無謀とも言えるこの状況下、7月23日から東京オリンピック・パラリン

ピックが開催されようとしている。

私たちはパンデミック以前から2020東京五輪の開催に反対してきた。それは、オ

リンピック・パラリンピックが「平和の祭典」などではなく、「排除の祭典」であり、IOCはじめ五輪貴族、開催都市やその国の政府、スポンサー企業、開発業者等々、一部の人たちの利益のために、私たち民衆の生活を破壊して、生きることさえ困難にするものだからだ。

コロナ・パンデミックはそのことをより鮮明にした。

 

「復興五輪」を掲げた東京大会が、コロナを理由に一年延期され、新たに「コロナ克服五輪」の装いで開催強行を目指し、3月25日には一年遅れで福島Jビレッジから「聖火」リレーがスタートした。「福島」を利用し切り捨てる五輪の政治に福島の人々は怒り心頭、以後、長野・・・沖縄、広島・・・静岡、神奈川、千葉、茨城、埼玉、東京、「聖火」が訪れる全国津々浦々で抗議行動が起こっている。「聖火」で祝祭を演出し、盛り上げようという目論見は見事に破綻した。

 

隠し、封じ込めることのできない民衆の怒りに、権力は暴力を対置、7月4日、茨城県警は、水戸市の「聖火」リレーで、トーチの火に水鉄砲で水をかけようとした人を逮捕、を逮捕、二週間経つ現在も不当な勾留が続いている。

また、開会式予定一週間前の7月16日、武蔵野市で開催された「聖火」点火セレモニーに抗議した一人が「威力業務妨害」で不当逮捕された。ふたりとも命を蔑ろにして強行する五輪に対して、真っ当な怒りをぶつけただけに過ぎない。

 

2020東京五輪は、空前絶後の警察官6万人を動員、都庁を訪れたIOCバッハ会長警備には、 自衛隊まで出動させるという物々しさだ。

過剰な警備と不当な弾圧は、無謀な開催を強行するものたちの後ろめたさの証明でもある。

二人に対する見せしめ弾圧に私たちは満腔の怒りを表明する。

 

「聖火」リレーだけではなく、毎週金曜日の組織委員会前で、札幌・東京の「テスト大会」で、バッハ会長宿泊の高級ホテルに、バッハの広島訪問に、歓迎レセプションの迎賓館に・・・、新橋で、新国立競技場周辺で、新宿都庁前で・・・、連日抗議行動が起こっている。

民衆に「犠牲」を払わせても五輪を開催するIOCや日本政府に対して、もっともっと大きな怒りが今、爆発寸前なのだ。

 

私たち反五輪運動の仲間のAさんに対しても、警察による嫌がらせ、執拗な監視・付きまといという人権侵害がずっと継続している。

オリンピック反対の声をあげる人々を抑えこむために、ちょっとした隙を突き、徹底的に嫌がらせをする。理不尽な人権侵害を絶対に許さない!

 

警察と軍隊に守られなければ五輪はできない。どれだけ弾圧しても「聖火」の現場、五輪会場に、沸き起こる抗議の声は封じ込められない。

権力は肝に銘じよ。不当な弾圧を今すぐやめろ!

茨城県警と警視庁は二人をいますぐ解放しろ!

オリンピック弾圧粉砕!

「聖火」を消せ!オリンピック・パラリンピックを中止しろ!

NO Olympics Anywhere

2021年7月20日

 

オリンピック災害おことわり連絡会

反五輪の会