読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

大阪維新は安倍の補完勢力に過ぎない ――維新・橋下を支持する人が信じられない②

 

 

極右政権安倍政権を応援するだけの大阪維新をまだ応援するのでしょうか?

 

大坂維新は権力にすり寄る勢力です。改憲し、軍事国家化を進め、新自由主義で競争社会を進めます。

以下の産経の記事は、安倍と維新が引っ付いてほしいという願望が入っています。

*****

縮小避けられない「おおさか維新」 野党共闘とは一線、参院選向け安倍政権共闘も?

 

新党「おおさか維新の会」には、維新の党の「大阪系」国会議員がそろって加入する。ただ、参加が確実な議員は20人に届いておらず、橋下徹大阪市長をトップに一時は国会議員が60人を超えていた過去の勢いはない。再興のカギを握る橋下氏の政界復帰も保証されておらず、11月の「大阪ダブル選」で敗れれば、永田町における影響力低下に拍車がかかるのは必至だ。

 橋下氏が平成24年に立ち上げた「日本維新の会」は直後の衆院選で54議席を獲得し、国政初挑戦で民主党に迫る野党第二党に躍り出た。しかし、昨年の次世代の党との分党、結いの党との合流、そして今回の分裂を受け、“本家・維新”の勢力は大幅に縮小する見通しだ。

 

 高い知名度と発信力で党を引っ張ってきた橋下氏は1日の記者会見でも、12月の市長任期満了で「政治はきっぱり終了」と強調した。松井一郎大阪府知事らが期待する政界復帰の確約はない。

新党には若手が目立ち、国政で強い影響力を持つ国会議員は少ない。足元の大阪ダブル選で完勝が果たせなければ「将来性のない少数政党として永田町で存在感を失う」(維新の党関係者)との見方が強い。

 

 一方、松井氏は1日の会見で、新党の立ち位置について「今後も是々非々だ」と強調した。ただ、合流も視野に来年夏の参院選選挙協力に向けて維新の党や民主党が目指す野党共闘とは一線を画す意向だ。

 

橋下氏は会見で官公労の支援を受ける民主党維新の党による野党再編について「改革を放棄した」と猛批判。また、安全保障関連法の廃案を訴えた民主党と連携したことで「維新の党は終わった」と突き放した

 

 「第2ステージ」(橋下氏)を歩み出す新党が存在感を維持するための光明は、憲法改正など政策面で親和性が高い安倍政権との強固な信頼関係だ。橋下氏の資質を高く評価する首相は9月6日の読売テレビ番組で、橋下氏の国政進出について「可能性はあるのではないか」と期待感を示した。

 

馬場伸幸国対委員長や遠藤敬国対委員長代理ら大阪系議員は菅義偉(すが・よしひで)官房長官と個人的に親しい。

 

 おおさか維新安倍政権憲法改正などで協力し、同時に自らの主張を政府の政策に反映させる「是々非々」路線を貫徹すれば、新党としての実績を積み重ねることは可能だ。消長を握るのは、ダブル選と来年夏の参院選に向けた政府との距離感次第となりそうだ。(酒井充、内藤慎二)