ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

加計学園問題 閉会中審査②

加計学園獣医学部の新設予定地である今治市の職員が2015年4月、首相官邸を訪問した可能性を示す文書が明らかになっているが、柳瀬・経産審議官「(愛媛県今治市の方とお会いした記憶はない」

→会ったとなると内容を聞かれてまずいから、しらをきりとおすということ。しらじらしい。

● 首相「友人であったから指示をしたのかという議論だった。知っていようが、知っていまいが、便宜を図ることはない。この件については私は加計さんからは新しい時代のニーズに応えて、学部・学科にチャレンジするという趣旨の話は聞いたことはある。友人関係であるときに(加計氏は)様々な学部を新設してきたが、具体的に作りたいという話をしたことはない。正直に申し上げており、職責を果たしていきたい」 → 事実上聞いていることが分かる。ごまかし切れていない。

今治市加計学園獣医学部の建築費が「相場の約2倍」と指摘。「森友学園と同じ状況になりかねない」とチェックの必要性を訴えた。

● 玉木氏が加計学園と競合していた京都府京都産業大を比較した記録を残していない理由をただす。  山本幸三地方創生相は「提案書を比較しながら決め、今治市の方が熟度が高いということで決めた。議事録はない」と説明。「一番大事なところの記録がない」と玉木氏が批判。 →うそ。はなしにならない。