ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

別冊法学セミナー 安保関連法総批判』

 

 

前田 朗ぶろぐより。

 

戦争法案と闘う憲法学

森英樹編『別冊法学セミナー 安保関連法総批判』(日本評論社

http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/09/blog-post_10.html

 

 

Thursday, September 10, 2015

戦争法案と闘う憲法学

 

森英樹編『別冊法学セミナー 安保関連法総批判』(日本評論社http://www.nippyo.co.jp/book/6912.html

目次 1 

序論 ……森英樹(名古屋大学名誉教授)

2 総論 ……愛敬浩二(名古屋大学教授)

3 「武力攻撃事態+存立危機事態」対応法制 ……浦田一郎(明治大学教授)

4 「重要影響事態」対応法制 ……塚田哲之(神戸学院大学教授)

 

5 「国際平和共同対処事態」対応法制 ……大河内美紀(名古屋大学教授)

6 「PKO等協力法」改定案 ……城 秀孝(神田外語大学非常勤講師)

7 「平素」対応+「グレーゾーン」対応法制 ……小澤隆一(東京慈恵会医科大学教授)

 

8 「国会承認」制度 ……植松健一(立命館大学教授)

 

9  新々ガイドライン ……倉持孝司(南山大学教授)

10 資料

 

***************

憲法学による戦争法批判はすでに何冊も出ているが、9人の憲法学者による本書はその決定版と言ってよいだろう。編者を中心に集団的自衛権批判の本も2冊出ているが、それらも踏まえた最新の批判書である。本文100ページほどのコンパクトな本だが、主要論点をカバーしている。本書を武器に、戦争法案反対運動を盛り上げたい。