読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

経営者や弁護士にはサイコパスが多い →橋下はサイコパス的

 

 

精神病質(psychopathy)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。 「良心が異常に欠如している、他者に冷淡で共感しない、慢性的に平然と嘘をつく、行動に対する責任が全く取れない、罪悪感が皆無、自尊心が過大で自己中心的」

 

『プレジデント』2015年11月16日号には以下のようなことが書いてあった。

 

男性の方が女性より2-3倍多いと言われており、サイコパスとそうでない人との間に明確な線引きは出来ず、程度の差。

サイコパスの特徴が長所として出るときは、冷静で感情を抑制できる、集中できる、勇敢で恐怖を感じない、不安など逆境に強い、口が達者で説得力がある、など。

 

『プレジデント』では、その他、攻撃的、平気でうそをつく、道徳心が欠如、共感しない、他人を操る、というまとめ方もしていた。

しかし長所と見れる場合もあるとして、経営者にサイコパスが多いとしている。その他にサイコパス度が高い職業として 弁護士、報道関係者、セールス、外科医などが挙げられていた。

 

私はこれを読んで、マア程度の差の概念だし、乱用は出来ないなとは思いながら、

その特徴は橋下・大阪市長と重なるところが多いなと思った。

 

橋下氏を見ていると、攻撃的、平気でうそをつく、良心・道徳心が欠如、他者に冷淡で共感しない、他人を操る、罪悪感が皆無、自尊心が過大で自己中心的、行動に対する責任が全く取れない、逆境に強い、口が達者で説得力がある、などがとてもあてはまるようにみえる。

 

そして弁護士で、勝つためには詭弁をつかうなど何でもすると、昔の著書で自ら書いていた。

サイコパス的と言って間違いないだろう。