ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

さらに「アリさんマークの引越社」相手の裁判、訴え

 

 

アリさんマークの引越社各社を相手取り、プレカリアートユニオンの組合員が原告となる集団訴訟を続々と提訴している情報の、最新版。

今まですでにたくさんの訴えが起こされてきましたが、追加として、

●2016年2月22日、株式会社引越社関東に対し、九州の支店で勤務した元社員、江戸川支店支店長や東京本部で人事担当者として勤務した元管理職たち3人が、未払い残業代、天引きされた弁償金、慰謝料など、総額2480万7693円の支払いを求めて、東京地方裁判所に提訴しました。

 

 

これまで

●2月15日には、引越社関東に対し、元管理職たち7人が7984万3067円の支払いを求めて東京地方裁判所に提訴

 

■2015年7月31日に名古屋地方裁判所で株式会社引越社と株式会社引越社関西を相手取って、組合員12人が、約7000万円(付加金含む)の支払いを求めて提訴

 

■8月20日に、株式会社引越社関西に対し、組合員1名が弁償金・残業代など約831万円の支払いを求めて提訴。


■8月24日に、株式会社引越社関東に対し、組合員4名が、約4157万円の支払いを求めて提訴。

 

■11月18日に、株式会社引越社関東に対し、組合員4名が、約3385万円の支払いを求めて提訴