読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「女子は子供を2人以上むのが一番大事」発言校長、派遣労働者差別露呈

 

 大阪市鶴見区の市立茨田北(まったきた)中学校で、寺井寿男校長(61)が

「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと。仕事でキャリアを積むこと以上に価値がある」などと発言し、その後も自分の発言を正当化している。

 

先ほど見たテレビでは、記者に「お前ら、上場企業のエリートやろ?正社員か?派遣か?正社員はだれや?みんな正社員やろ。エリートやないか。勉強しろ!」と偉そうに言っていた。

 

勉強すれば自分の主張の正しさがわかるはずだ、というのである。この発言の背景には、正社員は偉い、派遣は馬鹿だという能力主義的人間観があることは明白である。またその口調の偉そうさは権威主義的だ。

 

この寺井校長、「人口が減るなかで、日本がなくならないためには女性が子どもを産むしかない。間違った発言とは思わない」「子どもが産めず、育てられない人はその分施設などに寄付すればいい」「子育てのあと、大学で学び専門職に就けばいい」などと言い続けている。

 

私から見れば間違った意見だが、学者でも政治家でもこの程度の考えの人はいくらでもいる。ジェンダー問題がわかっていない人はいくらでもいる。この校長はもろに校長という立場で言ったから問題になっただけだ。

 

∞∞∞∞
この校長は、発言をウェブサイトにも掲載したが、その後、市教委の指示で削除。
削除された「全校集会 朝礼講話 要旨」

 

 全校揃った最後の集会になります。
 今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを2人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。
 なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。

 

 「女性が、こどもを2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。

 

 もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。

 

 次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。
 人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。
 子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。
 やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。
 以上です。