読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

『アンブロークン』

 

坂井貴司さんの映画感想です。紹介しておきます。

 転送・転載歓迎。 
 今日は福岡市北天神のKBCシネマで上映されている映画

『アンブロークン』 (アンジェリーナ・ジョリー監督)
 http://unbroken-movie.com/

を見ました。
 この作品は、ネトウヨ在特会日本会議自民党の右翼議員が「反日映画」
だとして激しく攻撃し、日本での上映をできなくしてしまったことで話題になり
ました。そのためメジャー配給ではなく、ミニシアター系で上映されています。

 

 この作品が反日映画だと決めつけられたのは、太平洋戦争中に日本軍の捕虜と
なった主人公ルイ・ザンペリーニが酷い虐待を受けたことを描いたからだという
ことです。「日本人をサディストとして描いた人種差別の映画だ」、「史実に反
する。日本軍は捕虜をきちんと扱った」とネトウヨ在特会は攻撃しました。
 見てもいないのに、内容がわかるとはネトウヨは超能力でも持っているのか、
と思いながら、『アンブロークン』見ました。

 

 見た感想は、反日映画どころか、恩讐を越えて日米友好に尽力したアメリカ人
を感動的に描いた作品であるとのことです。そして、アメリカ人の若者が戦争と
いう局限状態の中で、自分を失わずに生き抜いたサバイバルを描いた映画である
ことです。


 在特会自民党の右翼議員は、反日映画だという噂に飛びつき、確かめること
なく攻撃して、上映をできなくしたことがわかりました。

 主人公ルイ・ザンペリーニはイタリア人移民の息子としてアメリカで生まれま
した。周囲からデーゴ(イタリア人野郎)と罵られながら育ちました。それで飲酒
や盗みを繰り返す不良少年になりました。

しかし、持ち前の俊足を兄に見出され
たルイは、陸上選手を目指しました。練習を重ね、1936年のベルリンオリンピッ
クに出場するまでになりました。メダルは取れなかったものの、好成績を残した
ことで、1940年に開催される予定だった東京オリンピックに出場する事が決まり
ました。

しかし、激化した日中戦争によって東京オリンピックは中止に追い込ま
れました。金メダルの夢は潰えました。


 太平洋戦争が始まるとルイはアメリカ陸軍航空隊に入り、爆撃機に乗りました。
 爆撃機のエンジン故障で海に不時着、47日間太平洋を漂流しました。飢えと渇
き、サメの襲撃に苦しむ凄まじい様子が映画に描かれています。


 ルイは日本軍の船に発見されました。次は捕虜として地獄を味わされました。
日本に連行されたルイは、飢えと強制労働、そして虐待に苦しみます。ことに、
「鳥」とあだ名されたワタナベという捕虜収容所の責任者から、毎日竹刀や木刀
で殴られ、蹴られます。(これが「反日映画だ」と決めつけられた理由です)それ
でもルイは故郷の家族に再会したいと必死に耐えます。そして、日本の敗戦によ
って帰国します。

 

 この映画が反日映画だとされたのは、日本軍がルイをはじめとするアメリカ軍
捕虜を虐待したことを描いたからです。大東亜戦争(太平洋戦争)をアジア解放の
ための正義の戦争だったと思い込みたいネトウヨにとっては見たくないものです。
 捕虜虐待は事実でした。拷問、強制労働、処刑が行われました。生体実験の材
料にされて殺されたアメリカ軍捕虜もいました。


 捕虜にされたアメリカ人やイギリス人の戦記を読むと、目を覆いたくなるよう
な悲惨な事実が数多く書いてあります。むしろ『アンブロークン』はそれを抑え
た表現で描いています。


 そして『アンブロークン』は、日本人もまた戦争の犠牲者だったことを描いて
います。
 映画の後半に、1945年3月の東京大空襲が登場します。空襲後、ルイたち捕虜
は東京の大森収容所から新潟県直江津収容所に移動させられます。ルイたちは
東京の焼け野原を行進させられます。無差別爆撃によって東京がガレキと死体の
山になった場面が出ます。ルイはその惨状に声を失います。


 これは「太平洋戦争はファシズムの侵略から民主主義を守るための正義の戦争
だった」とするアメリカの公式見解からすれば、思い切った表現です。「戦争は
全ての人々を傷つけるものだ」とするジョリー監督の思いが込められてはいます。
 そして、戦後、ルイは日本を何度も訪問し自分を苦しめた日本軍のもと軍人た
ちと交流したことを最後に描いています。(ワタナベは戦後、戦犯訴追から逃げお
おせました。日本政府から恩赦されたそうです。ルイとの再会を拒否したとあり
ます)。


 ルイは聖書にある「汝の敵を愛せよ」を実践して、日米友好に亡くなるまで尽
力しました。

 

 この映画は、ネトウヨ在特会が見たくないものを描いたために、反日映画と
決めつけられました。とんでもない決めつけです。
 戦争に誠実に向き合おうとしたジョリー監督の思いを、ネトウヨ在特会は踏
みにじりました。恥を知れと言いたいです。