ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

右翼幼稚園経営者が今度は右翼小学校 その用地買収問題――その3


園児に「教育勅語」を暗唱させることで知られる「愛国幼稚園」こと塚本幼稚園を運営する森友学園をめぐる国有地"激安"売却問題について、ぞくぞくと事実が見えてきています。多くの記事が出てきたことは喜ばしことです。

 

 

たくさんありますが、まずは渡辺輝人 弁護士のとてもまとまったよい記事を紹介します。
これが私が見た中で20日の時点で深く問題をつかんでおり一番まとまっています。
アドレスをここに貼り付けまず。ぜひ全部を見てください。


金銭収支が国からもらった金の方が学園の持ち出しよりも多くなるという異常事態(ただで広大な国有地を獲得)を明確に整理しています。

 

森友学園の国有地取得の収支  
渡辺輝人 | 弁護士 2/20(月)
https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20170220-00067887/


森友学園への不明瞭な国給付
渡辺輝人 2月21日
https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20170221-00067891/

 

f:id:hiroponkun:20170223231652p:plain


◆そしてついに安倍首相の妻が、やばいと思ったのでしょう、右翼小学校のHPから消えました。

 「森友学園」が4月に開設を予定している小学校のホームページから、安倍晋三首相の妻・昭恵氏についての記載が2月23日に削除された。
これまでは、HPの「ごあいさつ」のページで、昭恵氏を顔写真とともに名誉校長として紹介し、「日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます」とする記載があった。

ほかの情報をまたまとめて後でアップします。とりあえずここまで。