ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

安保法制関係  国旗国歌の強制などと結びつける必要

 

サンデーモーニングで、あさいしんぺいさんが今の安保法制は、野球のルールを勝手に2アウトでチェンジにすると決めたようなものと指摘。適切な比喩。憲法というルールを守るべきなのに、勝手に解釈を変えて事実上ルールを変えたのだからひどい。

 

◆おおくの人が反対するようになってきたが、だからこそ安倍政権強行採決する。そんなことで意気消沈しないように。

 

◆やまもとたろう議員が国会で安保法制の問題をアーミテージのいうがままだと指摘したとき偶然見れたが、安倍はこんな若造にこんな口ぶりで責められウザがっていた。アーミテージのレポートのコピペだと言われていた。笑えた。山本太郎、頑張っている。彼をつぶそうと政権、公安などは血眼になっているだろう。

 

日刊ゲンダイ東京新聞赤旗などは830全国反対運動を報じているが、読売産経、そしてテレビはひどい状況ということが浮き彫りに。

 

◆国旗国歌の強制にこそ、安保法案とつながった状況がある。多くの人が安保法案をきっかけに、安倍政権や右翼勢力などが進めている教科書改悪[右翼教科書採択拡大、慰安婦や侵略・大虐殺記述の削除]、国旗国歌強制(反対教員処分、特に大坂は条例で弾圧)という「教室からの戦争準備」を問題にしてほしい。そして慰安婦問題も同じであると気付いて、各運動が連携していくことが望ましい。

 

◆昨日のフジテレビ「新報道2001」で、国連事務総長の発言などを「反日」などとして批判していた。「反日」などという、ネトウヨヘイトスピーチ勢力・極右系が使う言葉をテレビが平気で使うようになってきた。「非国民」と同じく、思考停止して全体主義国家になっていく情勢の省庁の言葉である。

今後戦争に近づくにつれ、いま発言している人も口をつぐみだす。反日と言われたくないために。

 

戦争法とか、徴兵制になるとかレッテルはりするなと安倍など閣僚は言うが、

ただしい名前をつける、レッテルを張ることにちゅうちょする必要はない。「新報道2001」には稲田政調会長を出演させてむちゃくちゃ言わせていたが、彼女などは完全に正真正銘の右翼である。右翼には右翼だというレッテルを張ってその思想的立場を示すべきである。日本会議など右翼勢力との関係をもっとメディアは明確にしないといけない。事実を報道しないことがおかしい。