ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「表現の自由を守るためにヘイト・スピーチを処罰する」

大坂での集まりです。

前田さんの主張は完全にまともだと思います。

*******

10・24集会

表現の自由を守るためにヘイト・スピーチを処罰する」

 

〇日 時  2015年10月24日(土)13:30~16:30

○場 所  PLP会館4F 小会議室 

JR大阪環状線 天満駅改札口より南側へ徒歩5分、 大阪市営地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分

〇参加費(資料代) 500円

 

 「表現の自由を守るためにヘイト・スピーチを処罰できない」とか、「ヘイト・スピーチの処罰ではなく教育が 大切である」という二者択一は誤りである。

 もともと表現の自由は少数派の表現の自由を意味する。多数派が少数派を侮辱する表現の自由ではない。

 

 ヘイト・スピーチの規制のためには教育も行政指導も処罰も必要である。

 国際人権法の常識を踏まえ、世界のヘイト・スピー チ処罰法に学んで、ヘイト・スピーチを許さない社会をつくる必要 がある。

 

プログラム  開場 13:15 

13:30~14:15 ハンクネット活動について

 

13:45~15:00 「表現の自由を守るためにヘイト・スピーチを処罰する」

             講師 前田 朗(東京造形大学教授)

            (プロフィール)1955 年札幌生まれ。中央大学法学部、同大学院法学研究科を経て現職。 著書に『戦争犯罪論』(青木書店)、『軍隊のない国家』(日本評論社)、 『非国民がやってきた!』(耕文社)、『人道に対する罪』(青木書店)、『9条を生きる』(青木書店)、『増補新版ヘイト・クラ イム』(三一書房)、『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(三一書房)、『国民を殺す国家』(耕文社)、『ヘイト・スピーチ法研 究 序説』(三一書房)。

 

15:15~15:30  裁判報告 「ピースおおさか」の侵略戦争・植民地支配の歴史的事実の抹殺を告発す る

              報告者 竹本 昇

 

15:30~16:30  質疑応答