ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

主流秩序の正体 安倍官邸が安保法制反対の学者を”締出し” 

 

 

安倍政権だけでなく、おおむねほとんどの政権は自分に都合のよい学者やタレントだけを利用して、審議会などを構成してきたが、とくに安倍政権は人事であからさまに介入し、自分たちに都合のいい人物だけを登用してきた。

だが内部からこれを告白するものはほとんどいなかった。

今回、加計学園問題がらみで、前次官の前川氏が権力側から攻撃されることもあって反撃として本当のことを明らかにしてしまった。

 

安倍官邸が、政府に批判的な学者や安保法制反対の学者を”締出し” ていると暴露したのだ。主流秩序がどういうものか明白になった

 

ただし、程度の差はあれこれまでも審議会には政権に近いものが多かった。中立的な人、少し批判的だが一応枠内に収まる人は入れてきた。審議会などが政権の求める結論を出すことに抵抗しない人をえらんできた。これは地方自治体などでもおおむね同じ。

反体制的なstanceの鋭い人は排除されて来たのは明白。其の点は前川氏の認識はやはり甘い。

 

以下、週刊朝日 2017年6月23日号より抜粋情報

 

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170612-00000057-sasahi-pol

前川氏が新証言 安倍官邸が安保法制反対の学者を”締出し” 天下り問題の”隠ぺい”〈週刊朝日

6/12(月)

 

 安倍政権は「怪文書だ」「確認できない」と言い続けた文部科学省の「内部文書」について6月9日、ついに再調査すると発表した。岩盤を動かした前川喜平・前文科事務次官に対し、3時間に及ぶインタビュー。週刊朝日6月23日号では、苛烈な「官邸支配」を示す新証言の数々を特集している。

*  *  *  

前川氏は昨年夏、政府が毎年顕彰する文化功労者を選抜する文化審議会文化功労者選考分科会の委員の候補をリストにし、官邸の杉田和博官房副長官のところに持っていった。

 

杉田官房副長官警察庁出身で、官邸の危機管理担当。加計学園問題の渦中にあった前川氏に対し、「出会い系バー通い」について昨秋、注意・警告してきた人物だ。

 

 前川氏はこう証言する。

「杉田氏のところにリストを持っていくと、『ちょっと待て』と言われて、1週間くらい後に、『この人物とこの人物は代えろ』と。一人は、『安保法に反対する学者の会』に入っていた。

もう一人は、雑誌の対談か何かで、政府に批判的なことを口にしていたんです」  

 

15年に成立した安保法制をめぐるスタンスが、翌年の委員の人選に影響したのだ。安倍政権に批判的な言論がどんどん封殺されていくという現実が垣間見える。

前川氏はこう危惧する。

 

「かつては政府に批判的な言動をしているかどうかまではチェックしていませんでしたよ。文化功労者選考分科会の委員は学者さんや芸術家、文化人などを、その実績や専門性に着目して任命するものですから。杉田氏がどういう基準で判断しているかはわかりませんが、おそらく菅(義偉)官房長官には報告を上げていると思います。杉田氏の指示には、私の立場では逆らうことはできませんでした」

 

 杉田官房副長官との間では、昨年12月にも驚くべきやり取りがあったという。

 

 当時、文科省は水面下では天下り問題の渦中にあり、内閣府再就職等監視委員会による厳しい調査を受けていた。監視委は文科省職員のメールを片っ端から提出させていたが、その中に外務省と内閣府OBが問題に関わっていたことを示すメールがあった。

 

 

前川氏は監視委にメールを提出する意向をそれぞれの役所に伝えていたが、御用納めの12月28日の夜、杉田官房副長官から急に呼び出しを受けたという。 「他省庁のOBに関わるメールを含め、私は監視委がすべて出せと言うので出さざるを得ないと思っていたのですが、杉田氏は、私が監視委に出す前にこのメールの存在について杉田氏への報告がなかったことに怒っており、その場で『とにかく外務省と内閣府に関わるメールは出すな』と言われました

 

つまり、再就職等規制違反問題は文科省内だけに限定して、他省庁に及ぶ証拠は出すなということです。そこからズルズルと他の役所にも被害が及んだら困る、というわけです」  文科省に端を発した天下り問題は中途半端な幕切れとなったが、杉田官房副長官のこうした指示はいわば、「隠ぺい工作」としか解釈しようがないのではないか。  杉田官房副長官に前川氏の証言について取材を申し込んだが、官邸・官房副長官室は「個別の取材には対応していない」と、質問の書面すら送らせてくれなかった。(本誌・小泉耕平、亀井洋志)