ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

「街頭演説にヤジや抗議の声があること」が民主主義の否定?

安倍首相や石原伸晃議員が街頭演説に対して批判を言う人を民主主義の否定だ、こんな奴らに負けられないと切り捨てた。民主主義が全く分かっていない。

******

最近の選挙でネトウヨなどが集まって日の丸をもって安倍を応援する演説会場になる「聖地」秋葉原ということで、 今回の都議選最終日も安倍が街頭演説をしたが、反安倍派の「帰れ&辞めろコール」が飛びかった

f:id:hiroponkun:20170702145131p:plain

それに対して安倍は「憎悪や誹謗(ひぼう)中傷からは、何も生まれない!」「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と怒った。

また石原伸晃議員が「演説を邪魔をする人たちが来てしまったことは本当に申し訳ないと思っています」 「(これは)ある意味で民主主義を否定します。自分たちの主義主張があるならば、自分たちの応援するところに行って主義主張をするのが民主主義の基本でありますけれども、残念ながら反対をすることだけしかできない人たちが、さまざまな会場で選挙の妨害を繰り広げたということは、民主主義を守っていく私たちとしては、情けなくも申し訳なくも思っている」 という様なことを言った。

他の議員も自民党政権批判のメディアを批判している。

●しかし、ひどいことをする政府にデモをしたり抗議の声を上げるのは当然のことであり、メディアが政権を批判するのも健全な民主主義の動きだろう。 集会でヤジや批判の声が出ても構わないし、非暴力闘争のほんの入り口のひとつに過ぎない。 世界的には、卵を投げたり、靴を投げたり、壇上に上がってマイクを奪おうとしたりいろいろある。 それさえも非暴力闘争であり、状況にもよるが、多くは社会を民主的に運営するひとつであろう。

すくなくとも、委員会採決も省略して参院強行採決して共謀罪を通すような民主主義破壊をする安倍政権・権力側に民主主義を語る資格はない。 特定秘密保護法集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定、安保関連法、原発再稼働、沖縄米軍基地問題共謀罪改憲、森友かけなどへの疑惑などについて「丁寧な説明をしていく」と繰り返してきたが、その後は十分な説明は行わず、強行採決、国家での説明拒否、証人喚問拒否などだけ。 そしてまた別のテーマに関心を移させていく手法で国民をほんろうし続けた。

安倍信奉者で右翼の籠池を特別に応援し、加計というお友達を優遇して大学作らせたような、非民主主義をしてきたのは安倍ではないか。日の丸君が代を押し付けそれに反対する教員を処分し教育勅語まで教育で使おうとしているのが安倍ではないか。防衛省自衛隊を政治利用するまったく民主主義的ではない稲田を擁護しているのが安倍ではないか。野党議員に対して急に「日教組日教組!!」とヤジを飛ばしていたのは安倍ではないか。

そんなことをしてきた安倍政権のくせに、、何が民主主義だ。

ましてすこし演説で批判が出て何を言っているのやら。

ネトウヨの差別を容認するいっぽうで、政権批判だけは少しでいえばダメという。逆でしょう。「朝鮮人を殺せ」というやつらに支持されている自分を顧みるべきだ。

「自分たちの主義主張があるならば、自分たちの応援するところに行って主義主張をするのが民主主義の基本」ともいったようだが、あほか。国会も含め、街頭、多くの場で意見をぶつけることや対話、議論は必要だ。 もちろん、一部、クローズドで自分たちの仲間だけで集まる権利もある。

しかし選挙の演説はそういうものではない。安倍政権に抗議している人のなかにも東京都民がいるわけで、都議選の街頭演説で批判がってもおかしくない。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞