ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

『シン・ゴジラ』はつまらない「自衛隊宣伝映画」にすぎない。オコーナーの《たましい》との落差

シン・ゴジラ』を高く評価する人がいるが、浅い哲学の、たんなる怪獣と戦う映画だ。

敵が攻めてきた、でも今の官僚的な日本の政治システムではだめだといって、今後はもっと機動的に戦かえるようにならないといけない、と訴える軍拡主義者・右翼の世界観と合致した、軍国主義化応援映画、自衛隊宣伝映画に過ぎなかった。

こんな底の浅い宣伝に加担する人も人だが、それを評価する人が信じられない。

*****

昔の映像にちょうど触れたので、このシンゴジラと真逆のレイヤーでのありかたのことを。

f:id:hiroponkun:20171116202613j:plain

ボブデュラン30周年記念コンサートで、米国の保守派がシニード・オコーナーにブーイングをしたが、それに対して「WAR」をうたった彼女の心意気のようなものと正反対の、ブーイングする程度の人が増えている日本。 不寛容化、幼稚化している。

f:id:hiroponkun:20171116202714j:plain

オコーナーは、なぜブーイングされたか。 1991年、アメリカでのコンサートで、戦争する米国の国歌斉唱をボイコットしたから。また1992年児童虐待問題で公然とローマカトリック教会を批判したから。そしてNBC生番組で児童虐待に抗議してローマ法王の写真を破り捨てる行為をしたから。

彼女はデュランの「アイ・ビリーブ・ユー」を歌う予定だったが、コンサート会場の一部ブーイングに抗議して、ボブ・マーリーの「ワオー」をアカペラで歌った。 そして

「悲しい人間の支配欲、児童虐待、この非人間的な隷属が 完全に排斥されるまで 世界中すべてが 戦争」

といった

それは美しい魂の叫びであった。

f:id:hiroponkun:20171116202800j:plain

そういうものから遠いところにあるシンゴジラに見るノーテンキで底の浅い腐敗状況、日本のこの保守化。

ボブ・マーリー「ワオー」

http://www.zapkolik.com/video/bob-marley-war-564391

英語歌詞 http://www.web-songs.com/lyrics.php?aid=151&sid=13902&a=Bob_Marley&t=War&q=Bob+Marley+War&maxResults=25&videoEmbeddable=true

歌詞一部

ある人種が勝り ある人種が劣るという考え方が ついに そして永遠に葬り去られるまで

世界中すべてが 戦争 私は戦争だと叫ぶ

f:id:hiroponkun:20171116202848j:plain

市民を1級市民と2級市民というように階級に分けて差別する国がなくなるまで

肌の色の違いが目の色と同じく何の意味もなくなる日まで

私は戦争だと叫ぶ

基本的人権が人種の差別なく誰にでも保証される日まで

私は戦争だと叫ぶ

西も東も 北も南も 世界中すべてが 戦争